「ふしぎの国のバード」にハマる

マンガ

ツィッターをやってたら、佐々大河「ふしぎの国のバード」を紹介されました。

明治の初期、日本を旅行したイザベラ・バード女史を主人公に、彼女の目線から当時の日本を追体験できるマンガです。

私はマンガって、中々バカにできないと思ってます。自分が想像するだけでは、全くイメージ出来ない事が時々あるからです。

150年前の日本は、現代の僕からすると全く別の国なので、活字を読んでてもピンとこない時も結構あるんです。

その点、マンガは絵からどういうイメージかを得ることができます。この作品はそう言うマンガの強みを最大限に発揮していると思います。

そしてあくまでもバード女史目線を大事にしているのが面白い。

例えば、これ。

日本人のセリフは、古文書の筆文字のように書かれていて、日本人の僕でも読めません。

私たちは日本人ですから、バードさんと当時の日本人が「世界ふしぎ発見」のミステリーハンターみたいに会話をしない事で、バードさん目線に集中出来る。

バードさんに同行している通訳ガイドのイトさん(伊藤鶴吉)の通訳で、僕らも初めて彼らの話すことが理解出来る、というのがいいアイデアですよね。

また、主人公のバードさんが好奇心旺盛で超キュート。

あらゆるものに興味津々。駄菓子屋や混浴温泉にもチャレンジし、日本人もほとんど通らない「道なき道」もズンズン進む!

「地元の使う物が合理的」と笠と蓑も着ちゃったりします。

様々な土着の習慣も細かく取材して記録。ガイドも「迷信ですよ」って言うことでも目をキラキラさせて調べまくり、聴きまくる!

僕、一応新聞記者の端くれですが、こういうありのままを理解するってホントに難しい。

どうしても人間は自分の持つ先入観に引っ張られますからね。

昔はまず「地方には結構衛生的でない場所がある」こと。今の衛生的な日本で生きてるとここがまずショッキング。

当たり前といえば当たり前なんですが、蚊帳を吊ったらノミがボトボト落ちてくるシーンや、虫やムカデがゾロゾロなど、男の私も出くわしたらギョッとしちゃうと思います。

そして、「光あれば闇あり」の言葉通りで、極貧に喘ぐ会津の様子も中々鬼気迫ります。

みんな着替えを持てず裸かボロ着を身にまとい、皮膚病だらけの姿はとても痛々しい。「10年前はまだマシだったが…」戊辰戦争とその後の新政府による苛烈を極めた仕置なんですね。

それでも頑張る地元民の姿に「会津魂」を感じちゃいます。

好奇心旺盛な彼女でも、異文化には仰天することもあるようで、投宿した時に「足を洗って上がる習慣に慣れないで、赤面する姿は、逆にこちらが「?」と思ってしまう。

中学の美術の先生が、ムーランルージュのポスターを見せて「ムーランルージュは脚まで見せるぞ、色っぽいだろー!!」って意味です!!と教えてくれたな…あれかな?

また、物語には初潮を迎えた女の子がお披露目をするシーンに、「プライバシーなのにヒドイ習慣!!」とバードさんが憤るシーンもあります。

僕の親世代で初潮を迎えたというと、お赤飯を炊いたとか、パフェを初めて食べた的な話は聞いたことはありますが、当時はお祝いだけでなく、一人前の女性として扱われるのか、とビックリ!

マンガで描かれる女の子は小学校高学年くらいで、昔はこんな子供が大人として扱われたんだ…って思っちゃったりします。

4巻まで一気に読んでしまい、今後が気になって仕方ありません。彼女の最終目的地は今の北海道。

落語「嘘つき弥次郎」で分かるように、当時の北海道はとてつもない僻地(伊集院光が以前、今で言うと宇宙旅行みたいなもんと言ってた)ですからね。

少なくとも私の知らない日本をいっぱい見せてくれそうだと楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました