『東大の先生!文系の私に超わかりやすく高校の数学を教えてください!』を再読

雑談

どうせ

「不要不急の外出は控えなくちゃいけないんだから」

ということで、本を読みまくっている私。

昨日買った『むかしの味』を楽しみながら、以前読了した西成活裕先生の『東大の先生!文系の私に超わかりやすく高校の数学を教えてください!』を再度読み直すことにしました。

私流、総合的な知識を頭に入れる方法「ノートに書く!」

 

実は、この本を読んだ後、復習のために再度この本の中学校数学バージョンを読んだのですが、

まぁ、なんの問題もなく読めちゃったので、

じゃ、もう一回こっちを読もうと思いました。

で、前回は通読メインで、読んでいたのですが、今回は愛用の読書ノートにポイントを書きながら読み進めています。

先に言っておきますが「ノートを取っても1から10まで頭に入る」というわけじゃないですよ。

ただ、こうやってメモ取っていると、ただ読んでいるより内容が整理されて頭に入ってくるんです。

大学時代から、試験前は教科書と授業時に書いたノートをもとに

再度ノートを作る、ということをやっていました。

深夜のガストで、他の大学に行った友人とテスト前にドリンクバーをお代わりしながら、大学ノートにひたすらガリガリとまとめを書いていくわけです。

このノートは、人に見せないのであくまでスピード重視。

ただ、事前にコレをやっておくと試験の時、スラスラと話の筋が出てきてくれて

一応教授がA(優)をくれる答案が書けたんですよね。

それもあって、頭に何か入れるときには、ノートに書くのが習慣になっています。

読み直すほど「内容を全部マスターしたくなる」一冊

さて、この本なんですが、計算式や公式を棒暗記させることを目的とせず

「考えの大本になる、基本的な考え方を分かりやすく解説する」ことをまず、大事にしています。例えば、等比数列の和に関しても、

大数学者ガウスの少年時代のエピソード

「1から100まで全部足すといくつになるか?」を一瞬で解いた話を枕に振って、

1,2,3,4,5…,100の数列に

100,99,98,97,96…,1になる逆順の数列で対応する数を合わせると101が100個できることから

101×100=10100を計算し、

これを2で割って5050だとはじき出したと解説してくれるんで、

あーなるほど、こうすればできるんだ、というイメージ付けをしてくれるんです。

いきなり、初項aとか、公差dとかやらないから、ホントに助かる。

また、計算もほとんど自分で解かなくてよく、iPhoneの計算機やExcelなどの機能を使って数学を「使う」ための手ほどきもしてくれる。

自分は、以前も書いたけど

「高校の指導方針で数学の知識がすっぽり抜け落ちたまま」大学に行っちゃったので

このレベルから教えてもらえるとホントに助かります。

一方で西成教授は「数学は役立つもの」というモットーで、

読者にどうしたら便利なツールである数学を役立ててもらえるかという視点も入っているので、

読んでる私もついつい

この一冊を丸々、モノにしちゃいたい!

と思うようになっています。

やっぱり、用語は覚えておいた方がいいな…

最近分かってきたのは「数学用語を知っといた方が得」ってことです。

先ほども述べた通り、西成先生は数式や変数の記号などの前に概念や

どうして公式が出来上がるのかを教えてくれるのですが、

最終的には、用語を使うんです。

それは、便利だからじゃないかと。

昔の私だったら、とんがってたから

「なんでそこで記号を使うんだよ!」みたいな突っかかり方してたと思うのですが、

ここまで丁寧に説明されて、やっぱり記号を使っているのをみていると、

英語が英単語や文法を知らなきゃお話にならない、と同じくらい

この本に出ることは絶対的に大事なんだ、と思うようになりました。

これまで、

①どっから始めたらいいか分からない

②数式がどういう意味か分からない

とさんざっぱらダダをこねてきた私ですが、

ここまでかみ砕いてくれたら、努力すれば何とかなりそう…だと思います。

とりあえず何回も読んで、頭に叩き込んでいこうと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました