もうすぐ42歳がぶっつけ本番で最後のセンター試験の英語・現代文・世界史を解いてみた!

自分はホント、バカでして…

大学入試センター試験が、今年度(令和1年度)で終わります。

私は1978年生まれで、バリバリど真ん中のセンター入試世代。

昨日なんとなく「腕試ししてみよう!」と一切の事前準備ゼロでチャレンジしてみました。

とはいえ、私が会場に行くことは諸般の事情で出来ないので、本日(1月19日)の朝刊を購入して、問題を解いてみます…

今回はコンビニに唯一置いてあった朝日新聞を買いました。文字、ちっさ…

まずは、現在リハビリ中の英語から…

さて、時刻は6時15分。リスニングはないのでリーディングのみ。全200点満点に挑みます。

1時間後…活字が小さすぎて目が痛くなりギブアップ!43問解いた段階で、打ち切って答え合わせに移ります…

結果は、200点中、98点(´・ω・`)。

それなりにリハビリしてたからもっと取れるかと思いましたが…途中で諦めたから仕方ないですね。

次は現代文!コレは自信ある!!

次に解いたのは、現代文!!

本好きですし、コレならなんとかなるんじゃなかろうか!!国語の配点は200点、うち現代文は100点配点になってます。

サクサク読めたので、ちょっと手ごたえありました。英語よりも日常で使ってる日本語な分、かなりいい線に行くのでは…

結果は、100点中、72点(´・ω・`)。

ビミョー…ビミョーすぎます…

読解問題で、高得点な設問を落としてしまったのが痛かったです。出題文は読みやすかったので、点が伸びなかったのは残念至極。

昔取った杵柄は通じるか?世界史にチャレンジ!!

ここまでで、「あれれっ?」な展開が続いていますが、実は私、昔世界史がチョー得意だったのです。

昔取った杵柄、ということわざは通じるか?

やり始めてビックリしたのが、20年前経験した私大入試と全然違うこと!

キーワードにアンダーラインが引いてあって関連問題が出題される形になってました。これ、昔から?

試験全体がみんな、こんな感じ。世界史の入試問題ってこんなだったっけ??

解いていくうちに、「あ、コレはやったことあるな」って問題はチラホラ出てきました。

でもでも…見覚えのある内容なのに中身は覚えてねー!!それじゃダメじゃん!!

かろうじて現代史は分かるけど、やはりというかなんというか…文化史はメタメタであります。

ゴシック、ロココ?そんなの覚えてねーよ!!

かろうじてダンツィヒの位置を即答できてフフン!俺もまだまだいける!!と思って最後まで解きました。

しかし、時の流れは残酷です。解き終わって早速、採点していくと…

みるみる血の気が引いてきた…

結果、100点中57点(´;ω;`)。

世界史好きと言いながら、この点は悲しい!

総評、というか言い訳

とまぁ、昔取った杵柄を木っ端微塵にぶち壊されたわけです。

ただ、世界史の問題で言うと、昔やった早稲田の世界史みたいに「どっから持って来たんじゃ!」みたいなモノはありませんでした。

すごくオーソドックスじゃないかな…

ただ、20年を経て記憶が失われたのは残酷な事実ですわな…

まぁ、元運動部の人が子どもの運動会に出場してアキレス腱切るみたいな話ですね…

今回やってみて思ったのは、「勉強しかしなくても受験生ってすげ〜!」と思ったことかもしれません。

今日、試験2日目です。

受験生の皆さん、頑張ってください!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました