DUOが100周目に入った件と10連休の課題

Pocket

今日、中学生に勉強を教える前に、口慣らしにDUOの音読を済ませました。

コレをやっておくと、いざ英語を読むときにスラスラ読めるので、人に教える前は必ずこの「慣らし運転」をやります。

今日の分が終わって、これで99周目は終わりました。

明日からは100周目!!!

仕事がバタバタしている時は、気がついたら1日終わってて音読を忘れてしまう時もあるのですが、それでも「休みを2日取らないように」と努力しています。

それでも、ここに来るまでホント時間がかかりました。音読とリスニングは楽勝になりましたが、アウトプットの仕上がりは「まだまだ」ですけどね。

10連休は「ピー単」を攻めるぞ!!

来週までに100周はクリアしますので、そこからの10連休は、これまでとちょっと目先を変えて「英単語ピーナツ銀メダルコース」を攻めてみようかなと考えています。

今も休みに少しずつ英単語ピーナツの『銀メダルコース』をコツコツやってます。

この銀メダルコースの内容は、「DUOの見出し語よりもややレベルが高い」という手ごたえを感じています。

楽勝でクリアできた「銅メダルコース」とは全然レベルが違っていて、最初チャレンジした時は手も足も出なかったのですが、最近やり直してみたらDUO効果か、「なんとかなるかな?」という気持ちになりました。

今でも、休みにチョコチョコやっているのですが、休みの時間にドカン!と集中投入して仕上げてしまおうかと思ってます。

日本語の勉強もやりたいな

あと、10連休の時に、読み貯めた本の筆写もやっておきたい。

今日も、やって来たんですけどね。

今日写したのは東京新聞の「本音のコラム」です。私は筆者(佐藤優さん)のこの意見にはやや懐疑的なのですが、内容が興味深いので書いておきました。

コレは以前やっていた「新聞コラムの筆写」の発展系です。

小学生〜中学生の頃に、一面のコラムを書き写すことで、国語力がついたことがありました。

その時の話は、こちらから。

今でも月に2、3回は本や雑誌、新聞で面白かったり、興味深い内容のものは専用のノートに書き写しています。

僕は仕事で毎日文章を書いているのですが、惰性で仕事をしないように、常に本を読んで頭をアップデートしようと考えています。

ただ、本を読むだけでは中々頭の中に定着させることが難しい。そこで、写す文章を探して、2、3ページくらいでいいものを書き写します。

コレはホントに文章を書く訓練としていい。

文章力を練るためにこれほどいい訓練はないです。手は痛くなるけどね。

いずれにしても、普段やりたくても中々出来ないことをガッツリやってみようかと。広いテーブルのあるところでみっちりやりたいので、休み中は図書館か、近所のファミレスで過ごすことになりそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す