DUOに色々書き込みを入れるぞ!

勉強のコツ

『DUO3.0』の音読も55周目になりました。

もう、やりこめばやりこむほど、

予想もしなかった場所から「ここを詳しく知りたい」とか色々調べたくなるものです。

ですが、とりあえず後先考えず書き込むのは得策ではなさそうなんで、透明なふせんをべたべた貼ってます。

これは、英字新聞で出てきた面白い表現や単語なんかを書き込んでいます。

そのうち、関連した表現のところに移そうかなと思いますが、とりあえずどこに貼っていいのか分からないので、最初の扉ページにベタベタと。

で、なんでこんなことをしているかと申しますと…

「情報を一冊にまとめておけば、持ち運びが便利!」

だからです。

この単語帳はただでさえ、膨大なデータが入っておりますが

英語を読む際もこいつを手元に置いといて、辞書代わりに引いてみる。

もちろん、主要な単語は英文を読むことである程度身につくと思うのですが、その他の単語を何度も参照したり、ふせんで書き込みを加えたりして、

DUOをさらに自分向けにカスタムしてしまおうということです。

さらに、表現の違いなんかも分かったら面白かろう…

と、よく書店にある「英語のニュアンスの違い」を解説した本があると、拾い読みして

DUOにある表現の横に、同じようにベタベタ貼っています。

これはvariety と diversity の違いについて、マーク・ピーターセンさんの著作から要約した内容をふせんに書いています。

私自身、文章を書く商売をしているせいか、細かなニュアンスが気になる。

have to と must の違いとは?とか。

調べてみると、やっぱり違う。

これまで、見過ごしていたけれど、おそらくこんな違いはいっぱいあるんでしょうね。

こういった勉強法って、例えば

受験とかの時間が限られている中で、手っ取り早く英文を読めるようになるのが必要なとき

にはバッサリやっちゃっていいかもしれないですね。

だけれど、言葉って生き物ですから、より深く掘ってみると、やっぱり色々あって面白い。

やっと、入試だ試験だというプレッシャーから解放されたので、

ちょっとマニアックに、ちょっと細かいところまで

知識の枝葉を広げていけたらな、そう思っています。

でも、そのうち、英検やTOEICで腕試ししたくなるんだろうな、きっと(笑)。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました