英単語ピーナツ「銀メダルコース」開始

英語

英語力のメンテナンスのために、DUO3.0の音読を繰り返しています。

しかし、慣れたせいか最近ちょっと効きが悪いなぁ、って感じることが増えてきました。

そこで違った刺激をかけてみようと思い立ち、家にあった「英単語ピーナツほど美味しいものはない 銀メダルコース」を手に取りました。

実はDUOを始める前、使っていたのが「英単語ピーナツ」の1つ下のレベル、銅メダルコースでした。

特異な単語集「英単語ピーナツ」シリーズ

英単語ピーナツシリーズは、2、3語を一まとめにした連語(コロケーション)を繰り返し練習することに特化しています。

見て分かる通り、分からなかったらすぐ参照できて、正しいフレーズを刷り込めます。

単語の意味をリスト化してなく、実例を繰り返し刷り込むドリルのような本です。

やってみると感じられるのは、「英単語を詰め込む」というより、記憶から「英単語を引っ張り出す」ような独特の感覚があること。

そのため、一部では「やり込んでいくと英作文の時に頭から単語が出てくる」という評価もあります。

英単語帳としては、他の本の方が数が売れてはいるのですが、英語勉強マニアの中では「隠れた名著」としての評価を受けている本なのです。

単語帳らしからぬ、英単語ピーナツの右ページ。めくると次の左ページに正解が印刷されています。(写真は昨年使った、英単語ピーナツJUNIOR)

これが中々具合が良かったので、この銀メダルコースを試してみたのですが、「あれ、ちょっと難しすぎるなぁ…」と感じて、そのままやめて本棚に突っ込んでいました。

今考えると…

ブレイクスルーまでやってみろよ!とも思います。

と思うのですが、当時はそこまで本気でなかったんでしょうね。

再チャレンジ!!

さて、今回は2年弱くらいDUOの英文を音読しての再チャレンジです。

一般的にこの単語集は、センター〜難関大レベルと言われています。これはDUOの見出し語のレベルと同等か、やや高めのイメージでしょうか。

さて、今回はどうだろう…。ちなみに今は初回なので、音読ではなく、フレーズを手で書く形で回してみました。

お!なんかいい感じ(^-^)!!

以前はめっためたな感じだったけど、今回はDUOの採録単語が出てくる分、かなり分かりやすくなる感じです。

もちろん2冊の英単語が全てダブることはありません。が、そんなことは想定内。

知っている単語でも、DUOの音読とは違った頭への引っ掛かり方をします。慣れてない出力をするので、なんとなく「効いてる」感じがします。

ホントはDUOも英文を書き写したほうがいいのかも知れません。しかし、これが意外に手間がかかるし、回数がこなせない。

しかし「英単語ピーナツ」ならこれまでの弱点補強をはかりつつ、アウトプットの練習にもなる。

そういう意味ではこの2冊を併用することは、単純に「英単語を増やす」以上の相乗効果を狙えるかもしれないと思います。

それにしても、DUOをやり込んだおかげで以前は手も足も出なかった「ピー単の銀」が一気に自分に近づいたようです。

それが嬉しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました