SNSでも役に立つ、佐々淳行『「危機管理・記者会見」のノウハウ』

読書メモ

この記事では、佐々淳行さんの著書『「危機管理・記者会見」のノウハウ』をSNSでのやり取りに応用出来ることを紹介します。

ツイッターのようなSNSは顔が見えず、文字が一人歩きしやすいので、しばしば何気なく発した投稿が大炎上するケースが多く見られます。

同著は、記者会見での炎上を防ぐための一冊ですが、私たちもいつ自分の発言が元で、自分の社会的生命をフイにするかは分かりません。

そんなことにならないためにも本書の内容、特に巻末講座は熟読するのに値する一冊だと思います。

① SNSは記者会見と同じ

ツイッターや、フェイスブック、インスタグラムなどのSNS。

個人が自分の発言や投稿を共有出来る便利なツールとして急速に普及しました。

しかし、未だにこの投稿が、プライベートな空間と勘違いしている人が多い気がします。

しかし、それは大間違い!!

いくら公開を制限しようと、ネットに上げたものはいずれ漏れます。

慌てて削除しても、誰かがスクショをとったり魚拓を取られたりして拡散される危険があります。

SNSは、密室ではありません。

例えて言うなら、SNSは記者会見の席と同じと自覚すべきでしょうね。

記者には、あなたに共感している人ばかりではありません。あなたに反感を持って、足を引っ張ってやろうと手ぐすね引いてる人もいることを、覚えてはおくべきでしょう。

当然、記者会見の場でアイスの入った冷凍庫にダイブしたり、売り物のおでんをツンツンしたりは…しませんよね。

② 嘘、知ったかぶりを書いてはダメ

ツィッターでは、時折根拠のないツイートが出ては、別口からツッコミを受けて失笑を買う人が(有名な人でも)います。

表現の自由とは言いますが、自由には責任が伴うことが当然です。

失笑されるならまだ自業自得ですが、時には、人に対する誹謗中傷として、名誉毀損に当たることも珍しくありません。

そうなれば、社会的な責任を問われます。

失職、内定取消、その他もろもろ。

それを防ぐためには、まず「嘘は書かない」ことです。嘘とは、「根拠のないこと」とも言い換えられます。

そんなに難しいことはないと思います。

また、知ったかぶりは禁物。ネットは広いですから、その道に詳しい人から速攻で指摘が入ります。

また時として、他の人のミスリードに使われ、そこが炎上した時に巻き添えを食らう可能性があります。

知らないことは「知らない」とハッキリ言うのが賢明でしょう。

③ 間違いは速やかに謝罪、訂正する

実生活でも相手を傷つけちゃった時は、まず謝罪というのが当然です。その後しかるべき訂正なり、補償が必要なのは論を待ちません。

ネットも同じです。間違ってたら「間違ってました」とさっさと頭を下げるといいかと。

変な言い訳は、火に油を注ぐようなもの。

ましてその言い訳が嘘だと分かったらますます「怪しい」となり、痛くない腹まで探られます。

それを防ぐためには、この人は間違ったら素直に謝る、ウソをつかないという信頼を持ってもらうことが何よりも大きいことだと思います。

まとめ

① SNSはプライベートではなく、あくまで公的空間。しかも記者会見場みたいに色んな人が出入りしていると思うべし。

② 嘘やデマ、根拠のないこと、知ったかぶりを書かない。

③ 自分の間違いは素直に謝罪して、訂正する。時間をおくほど、被害は広がるので注意。

参考図書

コメント

タイトルとURLをコピーしました