知って仰天!エクストリーム語学学習法!!

英語

「楽して語学を身に付けたい」

これは人間の心理みたいなもんでしょうね。しかし、語学ってやっぱりそれなりに脳に負荷をかけないといけないというのはある程度は仕方がないものだと思います。

私たちは日本語を身に付けたことを容易に考えすぎですが、

一応使えるようになるまでに、家庭や学校などでどっぷり日本語環境に浸かり、さらに読み書きを日常的にこなすことで日々進歩をしてきたわけです。

いわんや、外国語は…ということです。

今回は、いくら何でも凄すぎる!!という勉強法をズラズラ挙げていってみようと思います。

『最短距離で語学を上達させる方法』

さて、外国語で真っ先に頭に浮かぶのは、聞き流す英会話教材ですが、これは本当に効果があるのか…

やり方によっては効果があるようです。ただし、レベルが全然ちがいます。

『国家と人生「寛容と多元主義が世界を変える」』という竹村健一さんと佐藤優さんの共著にこの学習法が紹介されています。

これを開発したのはロシアの秘密警察。

洗脳を応用した方法で、外界から完全に遮断し、文法も教えずに言葉の洪水を浴びせるというものです。

朝から晩まで外国語漬けして他の言語は一切使わせない。一日5分どころじゃなく、脳みそに語学のシャワーを徹底的に浴びせるというものです。

母語のスキームを徹底的に押さえつけて、母語を学んだ手順を無理くりに押し付ける。

まさに洗脳です。

そうすると…あら不思議!

三ヶ月位で外国語が上達するそうです。

スゴイですよね。

「こりゃいいや、早速自分も」と思った方、ちょっと待って下さい。

実はこの話には続きがあるんです。

実際にこのやり方を受けた20人のうち、確かに17人はモノになったということですが…

3 人 が 廃 人 に な っ て し ま っ た そうです。

語学を仕込むのってウン千万の費用と、語学に適応できる人材をスカウトする手間、そして相応の時間がかかります。

せっかくの語学要員をかなりの高確率(単純計算で15%)で潰してしまう方法だったため「非人道的」ということでこの方法はやめてしまったそうです。

佐藤さん曰く

『(ロシア秘密警察の長官が非人道的だからやめたと言っているのを聞いて)私はそれを聞いて唖然としました。「秘密警察もずいぶん変わってしまったもんだ……人道的になった」と(笑)』(p.87)

日本人になり切る!北朝鮮工作員の日本語学習法

非人道的、といえば北朝鮮の日本人拉致被害も負けず劣らずのレベルです。

日本海から工作船に詰め込まれて、朝鮮半島沿岸に連れていかれた方々は、命を助けてやるから朝鮮語を勉強しろ!と強要される、といいます。

誰だって命が惜しいから、そりゃ真剣に勉強します。

そうして、適性のあるものは、北朝鮮工作員の教育に関わることになります。

大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫さんはそんな拉致被害者、田口八重子さんに日本語を勉強したそうです。

工作員は、先生役とともに、日本の新聞を読み上げたり、教科書を学んだり、カバーに合ったバックグラウンドを学んだそうです。

例えば、料理の作り方や、『瀬戸の花嫁』のような当時の流行歌もまなび、ちょっと濃いめの日本風メイクも実際の化粧品を使って学んだそうです。マンツーマンで言葉だけでなく、徹底的に日本人になり切る訓練をうけるのです。メチャクチャコストがかかっていますよね。

非合法活動に従事するため、「日本人になり切る」ために必要なことのすべてを学ぶのですから当然と言えば当然ですね。

しかし、やはりカバーはひょんなところから綻ぶとも言えます。

韓国に連行された金賢姫さんは、「日本人はノリを食べない」と思いこんでいたため、日本人なのにノリを知らないとはおかしい!というところから見抜かれ、正体がばれてしまいました。

根性、ひたすら根性!関口存男さんのドイツ語勉強法

真似をするのもはばかられる勉強法が続いたので、多少現実味のある勉強法も紹介したいと思います。

日本のドイツ語達人として有名な関口存男さんは、

ドイツ語のドの字をしらないレベルでいきなり、ドイツ語版の『カラマーゾフの兄弟』を買って来て、ドイツ語の辞書を片手に読み始めた、とのこと。

もちろん、いきなり文法も何も分からないで、無理くりに何度も何度も読むのですから、

むちゃくちゃ苦しいでしょうね。

ただ、達人というのはそれをやり遂げてしまうところがすごい!!

半分くらい読んだあたりで、分かるようになったそうです。

しかし、真似した私が断言します。

こんな勉強法、たとえ私が英語でやったとしてもできません。20冊ほど外書を買い込んでやってみましたが、どの本も5ページも読めずに挫折しました。

結局、語学は語彙と文法

前にも書いたのですが二十年ほど色々回り道をしてみて、

オーソドックスな勉強法が一番の近道でした。

シンプルな英語教科書を徹底的に消化する。消化には徹底的に音読し、体得していくしかない。

そして、極限まで突き詰めると、語学は語彙と文法であり、面倒くさいと思った文法を学ぶのが、一番の近道だったということです。

なので、現役の学生さんで、英語が好きだという方は教科書をどうか、徹底的に学んでほしいです。

参考図書

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました