小松政夫『ひょうげもん』に見る「師匠と弟子」

読書メモ

昔、伊集院光さんの「日曜日の秘密基地」というラジオ番組に、コメディアンの小松政夫さんがゲストとして出演されたことがありました。

話題を引き出す名人、伊集院光さんのクイズ(昔の雑誌や、インタビューにある内容をご本人に答えてもらい、話を広げる)を交え、伊集院光さんの話術が冴え渡ってましたね。

そしてトークの面白さもさることながら、師匠の植木等とのエピソードがとにかく楽しくて、一発でファンになりました。

録音で何回か聞いていたのですが、音源を無くしてしまい、残念に思ってたところ、何気なくネット検索したら小松さんが自伝的なエッセイを出版したとのこと。

待ちきれず、本屋に飛び込んで購入しました。

…いやぁ、面白くてあっという間に読了しました。

親子みたいな師弟関係

インタビューでも言っていたのですが、小松さんは

植木等の付き人兼運転手募集。やる気があるなら、めんどうみるョ〜

という週刊誌の三行広告を見て、横浜トヨペットのセールスマンから付き人兼運転手に志願したそうです。

そして600人(!)の応募者の中から採用されて、植木さんの弟子になりました。

最初会った時に、「(植木さんを小松さんが)どう呼ぶか?」が話題になり

「オヤジさん」と呼ぶことに。(植木さんは1927年生まれ、小松さんが1942年生まれ、つまり2人は15歳差です)

すると「いいね。君はお父さんを早くに亡くしたそうだね。私を父親だと思えばいいよ」と声をかけてくれたそうです。

独立への道を付けるだけでなく、植木さんは小松さんの仲人も引き受けました。植木さんにとって、生涯唯一の仲人だったそうです。

オジさんになりますと、色んな涙腺のスイッチがあるのですが、コレなんかは格別ですね。

実際、三年10ヶ月余りの付き人生活は目の回る忙しさ(1週間で睡眠時間10時間!)。

しかもセールスマン時代20万円稼いでいた小松さん(今だとざっと、300万円)が月7千円に。

でも、全然苦にならなかったそうです。

植木さんには、1日1回必ず喜んでもらおう、

師匠のたばこを美味しく吸ってもらうためにいい香りをつけよう、

1時間でも気持ちよく休んでいただけるように暗い部屋を用意しておこう、お休みの時に咳をしたらお水を差し入れしよう

ゴルフの足に運転手をした時は、ラウンドが終わるまでの待ち時間で車の外も中もピカピカにしておこう…

親孝行みたいですよね。

大好きな師匠に喜んでもらおうと尽くす小松さんがいじらしくていいんです。

また、植木等さんも売れっ子なのに全然威張らない、優しい人。

ちゃらんぽらんな人間の役を演じることが多かった人ですが、酒は一滴も飲めないマジメ人間。

身も心も尽くしてくれる小松さんがかわいくて仕方がなかったと思います。

だから

雑談で、面白い話を聞けばプロデューサーに「コイツの話面白いんだよ」と売り込みをかけてくれ、

番組内で出番を作ってくれ、

芸名を決める時には「売れた時のことを考えて、しっかりとした芸名を付けなさい」とアドバイスしてくれ、

独り立ちする小松さんのために所属事務所の社長に掛け合ってくれ、

その事務所を小松さんが辞めることになった時、事務所に

「決して小松の邪魔をするなよ!そんなことやったら俺が承知しないぞ!」と釘を刺し、

弟子の新出発を背中を押して送り出します。

何度も言いますが、実の親子でも中々ここまでいかない!

小松さんが師匠を慕う気持ちが文章からヒシヒシと伝わってくるんです。

濃密だから、得られるもの

そんな経験を積んだ小松さんだから、若い芸人たちにもその話をするそうです。

しかし、「へぇ、煩わしかったでしょうね」「難儀でしたね」とむしろ苦労話に受け取られると、本当に悔しいそうです。

そういえば、この前イチローが引退の時に

「(弓子夫人)にもっとおにぎりを作らせたかった」

みたいなことを話したら、

「奥さんをバカにしている、謝れ!!」

なんて声がありましたね。

何バカなこと言っているんだ!と僕は思いましたよ。

夫婦関係と師弟関係は、ちょっと違うかも知れないけど、

大好きな人が今日も活躍して欲しい、輝いている姿を見たいと願い、そのバックアップに誇りと喜びを感じる充実感、

そして愛する人からそのバックアップを得られる喜びと、「がんばるぞ!」という気持ち

が分からないのでしょうね。

 

ブロトピ:ブログを更新しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました