結婚しなきゃ一人前じゃねーの?問題。

先日のこと。

弟夫婦が実家に帰って来たからお昼を一緒にしないか、とのお誘いをもらいました。

弟夫婦には昨年、念願の第一子が誕生。

水遊びを楽しそうにやっている姪っ子を眺めながら

「人ってどんどん大きくなるんだな」って感慨を強くしました。

姪っ子のご飯が済んで、おねむになってから

大人達のお食事に。

お寿司なんぞを取りながら、まぁ和やかなひと時を過ごしたんですが…

しばらくしてから、我が父親が

「お前は自分の将来をどう考えているのか」

との「ありがたーいお話」が。

今はコロナウイルスの影響でかなり社会がガタガタ。

我が社も例外ではなく、厳しい毎日が続いております。

まぁ、それは別として。

単純にメシ食って、久々にホッとしているときに、合う話題じゃないんで

「今は何も考えてない。今はやることやるだけ」とサラリと流そうとするも…

親父様、激おこ。

「だからお前は…」

ここでふと、時計を見てたら

その日、アパートのケーブル業者が来ることを思い出し

「んじゃ、また」と退散した次第です。

まぁ、親の真意は分かりますよ。

どーせ「いい歳こいて結婚しないなんて、お前は何を考えている?」でしょう。

でもね。

私には今私で「大事にしたいもの」があって

それを何とか立て直すことで頭がいっぱい。

42歳という今の年齢で結婚が日々ハードル上がるのは分かってます。

すご〜く。

しかし…私

結婚に全く魅力を感じない。

親類縁者から「いい人見つかったら」とか言われる。

だけど、無いものは無い。

姪っ子が可愛いのは間違いないけど、

自分の子どもが欲しい、とも思わないし。

「一人で寂しいでしょう?」

と勝手に慮られはするんだけど、

実はすご〜く快適。

元々、社交的に振る舞っていたけど実は、人付き合いがヘビーになると、ものすごく辛いし。

15年前に実家出たときに、本音で思っていたのは

「家族だ、絆だ、色々あるけど、この距離感をずーっと続けてたら、俺もう持たない!」

という苦し紛れの行動でもある。

もちろん、やるべきことはやりますよ。親の介護とかね。納税は極めてフェアに申告しているし、保険料も年金も納付を欠かしたことない。

だけど「群れるのが性に合う人がいるなら、一人で静かに思いにふける、その時がリラックスタイム」という人間いてもいいじゃんか!と。

今現在、色々あったけど、やっと自分のペースが分かったので、正直ホッとしている。

ところが、我が周りでは、

私がやっと手に入れた「マイペース」が

どうにもこうにも「気の毒」に見えるらしい。

難しいものだねぇ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました