高校数学の学びなおしに切り札登場!!西成活裕先生の本を即買い

読書メモ

定額給付金を全額、本を買うことにした私。

懐が温かいと、欲しい本が「私を買って!!」とアピールするように目に飛び込んでまいります。

で、先日見つけたのが、これ!!

おお、ついに「高校数学編」が出てくれたか…

前回の本も、数学オンチの私に分かりやすく教えてくれた西成活裕先生が、今度は高校の数学を教えてくれるのか!!

これは買わねば!!

と、言うわけで中学校の社会の教科書を放り出して、早速読み始めました。

教科書の内容を8割バッサリ、だと!!!

読み始めて驚いたのですが、

この本、高校のカリキュラムを8割落として、その分「役に立つ」部分を分かりやすく教えるということを最初に書いています。

しかしながら、この本でカバーする内容は、新しい学習指導要領の「高校文系数学」の9割を抑え、かつ理系コースで教えられる「ベクトル」と「微分積分」を加えるという…

高校の時、こんな本があったらなぁ…と思う充実ぶりなんです。

なんでも、数学には純粋に数学を極めようとする「純粋数学」と

数学を世の中に応用する「応用数学」の二つがあるそうなんですが、

西成先生はバリバリの応用数学派。それだけに、内容がメチャクチャに分かりやすい

例えば、私がたどり着く前に力尽きたΣも、序盤5分で攻略!

「え?たったこんだけ!?」と思うほどです。

こりゃ、スゲー!!

数学のタグ付けにメチャクチャ役立ちそう!!

私、これまでブログでも、現役の学生さんに「勉強は捨てないで、一応勉強しておくと後で役に立つからね!」と書いてきました。

私自身そのことに気が付いたのが30代後半で、

一時期は「高校時代に戻って勉強する夢」を見まくっていた時期があります。

今回の西成先生の本は、そんな自分の「高校数学のさわりだけでもどうにかしたい!!」という

心の声に最適な一冊かもしれない!

こんな本を待っていたんだ!!

と、めちゃくちゃテンション上がりまくっております。何よりホント、分かりやすくてスラスラ読めるのが嬉しい。

数学の本、こんなに楽しく読めるのっていいですね!

数学分からない高校生もこの本は超おススメ!!

一応、高校生は読むな!

みたいな注意書きが表紙に書かれていますが、西成先生がいみじくも語っておられる

今学んでいる分野がどんな内容でどう役立つか知っているだけで、全然違うと思います。

私も現役高校生の時、ほんと行先分からないものを教えられて、四苦八苦したもんでねぇ…

私も「この本があったら高校時代、あんなに数学に苦しむことなかったのに…」って思うほどなんで。

さて、学習時間がいっぱい取れる、羨ましい学生生活なんぞが望めない

サラリーマンの私。

今さら、数研のチャート式をやり直すなんて時間的に出来ないから、

この本を徹底的に読み込みます!!!

ちなみに前作の中学校版も超おススメです!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました