尾木ママの「捗る勉強法」まとめ

勉強のコツ

この投稿では、教育評論家の尾木直樹さんが以前ラジオ番組で紹介していた「勉強法」を紹介します。

勉強は闇雲にやっても中々上手くいきません。勉強の苦手な子は、このコツが中々つかめないから、ますます勉強が嫌になる。

だから、段取りをきちんとして正しい努力をすると、必ず力がつきます。ぜひ参考にしてみてください。

1.とりあえず、やる事リストを作る

できるビジネスマンも使っているTO DO リスト。やる事を絞って明確化させる事で、目の前の作業に集中して取り組めます。

これは勉強も同じ。

何となーく「勉強しなきゃ」だと何から始めればいいか、分からない。

そんなわけで、紙に「やろうと思う勉強リスト」を書き出す。

最初はごく大雑把に英語、数学くらいでいいみたいです。ただ紙に書き出すのは、必ずやった方がいいと思います。

教科ごとに具体的な内容を決める

次は教科ごとにテキストを決めていきます。

それからどれくらいやるか、問題集の○○ページから××ページまで、とか細かく目標を立てていきます。

先程のリストに目標を書き足してもいいでしょう。私なら、3ページくらいを一単位として小分けします。

理由は、後ほど。

3.勉強は好きな科目から

目標を立てたら、早速学習開始!!

最初は比較的好きな科目から始めます。これは、マジでオススメです。

実際、私は大学受験の浪人生時代に、大得意だった世界史から始めていました。

どんなに気分が乗らなくても、比較的得意でサクサク進むと、なんとなく気持ちよくなって気分も乗ってくるからなんです。

何事もそうなんだけど、やり始めが一番エネルギーが必要です。

しばらく好きな教科をやって勢いが付いたら、課題だった英語や古文へ…とやることで「やる気」が出ない時も勉強を続けることができました。

また、長い時間ができるようになったら、1教科を何時間もまとめてやらずに、1教科1時間くらいを一コマとして、教科を変えつつサイクルさせて2回、3回とやるといいかなと思います。

そうすると、飽きません。

⒋目標の6割でOK!!

完璧主義の人ほど、「これだけしかできなかった」と考えがち。

でもここは「6割でOK!」と割り切って大丈夫!もちろん、もっとできたらそれに越したことはないと思います。

先ほど、3ページを1単位で小分けしたのは比較的短時間で達成できるから、成果が分かりやすいというのもあります。

成果が分かりやすいので「よし!やった!」と達成感も得られるのです。

また、難し過ぎて分からないことは、その前のレベルで何か、分からない場合も多いです。

この話を聞いていた野村邦丸アナウンサーも、「自分も中3の時、英語を中1レベルからやり直したら克服出来た」と話していました。

急がば回れ!は勉強でも成り立ちます。

5.出来たものはリストに○を付ける。

終わったら、1で書いたリストに○を付けていきます。

リストは、終わった先からチェックを入れていきます。「これだけやったんだ!」と成果を可視化(見える化)することで、ゲームのハイスコアを取った時のような面白さを得られるのです。

バッチリ出来たのは花マルをつけて、自分を褒めてあげてください。

まとめ

尾木ママ直伝の勉強法は

1.やることリストを作る

2.具体的な内容を決める

3.得意なことから始めて弾みをつける

4.目標の6割をまず目指す

5.出来たものからリストに○を付けていく

出来ない子は、「やっぱり出来なかった」という挫折を積み上げて、現在に至っているので、小さな成功体験を積み上げて「できた」という経験を積み上げることで、モチベーションを上げていく必要があります。

勉強のやり方が分からない方はぜひ、このやり方を試してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったらコメントや下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました