読むラジオ くにまるジャパン極2018年9月21日

読むラジオ

今日の文化放送「くにまるジャパン極」は元外務主任分析官、佐藤優さんがコメンテーター。

この中で、佐藤さんは「総裁選の結果、北方2島の返還に大きく舵を切る可能性がある」と話しました。

遠のいた改憲

今回の総裁選では、「意外に安倍政権は嫌われている」と佐藤さんは分析。

自民党内から思わぬ肘鉄を喰う形になり、安倍政権の念願「憲法改正」は遠のいたと見ています。

一方で連立を組む公明党は安倍政権と憲法問題では微妙な距離を取りつつ、けん制を続けています。

歴史に名を残す事を目指す安倍政権にとっては、次の狙いを「北方領土」に向けるだろうと佐藤優さんは読んでいるのです。

プーチン大統領の「前提条件なし」発言の意味

9月18日に、ロシアのプーチン大統領がウラジオストクで開催された国際会議で突如、「年内に前提条件なしでの平和条約締結」を行いたいとの発言がありました。

この後、短時間で日露首脳会談を行い、「領土問題を含む」との確認を取っていると推察します。

日本のマスコミは、「唐突に話を出してきた」ように解釈し、そのニュアンスで報道していますが、

「一切の前提条件なし」の解釈について、佐藤さんは勉強不足とバッサリ!

ここで言う「前提条件」とは1961(昭和36)年のグロムイコ覚書のことで、サラッと言えば日米安保がある間は色丹島、歯舞諸島は返還しない、とする文章です。

そもそも、日ソ共同宣言は両国議会で批准された国際的な約束事で、これには両国履行義務がある。

一方、グロムイコ覚書は、当時のソビエト政府が一方的に出したもので、交渉の段取りを考えた上でも、プーチンさんが無条件と言ったのはこちらと考えるのが自然です。

あれ?2島返還?

実は、1956(昭和31)年の日ソ共同宣言では、色丹島、歯舞諸島の返還にとどまり択捉島、国後島は含まれていませんでした。

後者は、1951(昭和26)年のサンフランシスコ講和条約で放棄した南千島に含まれているからです。

にもかかわらず、この2島を急に付け加えた理由は?

いったん放棄した、この2島が復活折衝になったのは、当時の沖縄、小笠原を占領していたアメリカより先に北方2島返還になるのを避けるためと佐藤さんは解説します。

今のいるだけ野党と違い当時の共産党、社会党は少なからず影響力がありました。ソ連に対するシンパシーもある。そこへ国交回復&領土返還となり、親ソ的な国内世論が高まれば、共産主義革命の危険も考えられたわけです。

ゆえに日本国は絶対に呑めないような4島返還の条件をソ連に突き付け、「あえて」交渉を決裂させたそうです。

しかし、時は流れ東西冷戦は終結。敵対関係というより、様々な形でロシアと協力しあう必要が出てきました。

とりあえず昔の文言が残っているから2島は取り返せる。

ここで、欲張らずに2島返してもらおう、と佐藤さん。

プーチンさんは1956年の日ソ共同宣言に従って、まず平和条約を作ろう、と言っています。

その後、歯舞群島、色丹島を引き渡す段取りになっているので、平和条約内に文言を入れることでプーチンさんの言うとおりにすれば年内に平和条約を作ることは可能だと主張しているのです。

そして、3年くらい後には具体的に返還される道筋がつくのではと佐藤さんは話しています。

残りの2島はどうするか?

択捉島、国後島は歴史的な経緯もあるから、ロシアに特別な地位を求める。

例えば、この2島の一部をロシアから「借りる」。

借りた土地は日本の法律を適用して、いちご農園やウニの養殖を行う。日本語をしゃべって、日本円を使って…ということはできる可能性がある。

なぜなら北極海のスピッツベルゲン島のようにすればいいから。

ここは、特別の協定があって、ロシア語が通じてロシア人ばかりの居住区がある。ロシアが使っている方法を日本も使えばいい、といいます。そうやって2島に穴をあけて、日本人が入り、影響力を大きくしていけば…

現在の世代では実現できなくても、次の世代以降で日本人の比率が増えていけば、帰属を要求することもできるようになる。

そうすれば、4島返還を諦めることにはならない。

もし、それを成し遂げたら、安倍晋三は、占領を解除し独立を勝ち取った吉田茂、平和裏に沖縄返還を成し遂げた佐藤栄作にならぶ快挙!

73年間1島もかえって来なかった北方領土を返還したとなれば、これは歴史に残る!

歴史の教科書にも残る出来事だ。50年後でも出るし、時々入試にも出る(笑)

今から注視しておくことは何か?

佐藤さんは来週の月曜日(24日)か、火曜日(25日)くらいにもし安倍総理が鈴木宗男さんと会えば、この動きが強まるとみています。だから、首相の動勢欄を見て、鈴木宗男さんの動きをウォッチすると面白いとか。

(24日の午後に、首相官邸に鈴木宗男さんが入り、かなり突っ込んだ話をしたと分かりました)

…首相動静の欄、よく見ておこ。あ、これは管理人の感想です。

そして、政府はすでに2島返還が実現しても、ここに米軍を展開しないことを決めているのではないか。

日本とロシアの間でもケリが付いていそうだと。冷戦が終わったし、ここに置く意味が全くないので。

トランプも手を突っ込む心配がない。ロシアと事を荒立てるとは考えにくい。

こういった冷静な計算と準備を安倍総理は着々と行っていると思う。のみならず、推測と断りながらロシアとも連絡を取っているのではと突っ込んだ発言を佐藤さんはしました。

あと3か月で、電撃的な条約締結が行われる可能性がある…とも。

*この話はメチャクチャ難しいので、随時修正を入れますが、大方こんな感じと解釈してください。

もし実物の音声を聞きたい方は、RADIKOのタイムフリー機能で、2018年9月21日の「くにまるジャパン極」第一部の最初の30分を聞いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました