佐藤優『人をつくる読書術』は買って損なし!

読書について

先日、『人をつくる読書術』を読了しました。

私自身、佐藤優さんの著作は好きで目にしたらとりあえず買っておいて読むようにしています。

彼の著作は読者のレベルに合わせた書き方をしているのが特徴です。

私は大雑把に3つのレベルに分けています。

①哲学、宗教、思想など

②小説、自伝

③自己啓発書

言うまでもなく、①が一番難しく、②、③と徐々に優しくなっていきます。

この本は一応③に分けられると思います。

そして、この本は6章に分かれています。

しかし、この本は単なる読書術の本、というよりは先へ進めば進むほど、テクニックよりも著者の体験を下敷きにしながらの生きることと読書との関わりが語られるようになってきます。

読書術だけなら、最初の2章だけでも役に立つ。

テクニックとしての読書術なら第1章「作家をつくる本の読み方」と第2章「外交官をつくる本の読み方」で足りるかな、と思います。

ここで語られていることは、著者が以前書いた読書術の本にも再三出てくる事で、今作はザッと理解するためのダイジェストとして非常に便利です。

特に「熟読」「速読」「超速読」の使い分け方やそのやり方をザックリ掴めます。

また、力のない僕のような人間が何を読んで力を付けるかということも分かります。

第3章を読んで、僕は小説の読み方が初めて分かった

でも、個人的には第3章「人間をつくる本の読み方」、ここが一番読んでて面白いと思いました。

さらに絞ると、著者が中学生時代に小説を読む面白さに開眼した、モーパッサンの短編「首かざり」の読み解きのくだりは、大人の私にとっても、

「なるほど、こういう読み方もあるのか!?」と驚かされました。

モーパッサンの「首かざり」は私も大学時代に読んだ記憶があります。

しかし、その時は「皮肉な話だな」という考え方までしか至らなかったのを覚えています。

しかし、彼が通っていた塾の先生は、本を読むのに

「要約」と「敷衍」が大事だと語ったそうです。

要約は、あらすじを作る能力。これは訓練次第で誰でもできるようになるが、

敷衍は、話をさらに膨らませることで基礎的な知識や読む人の素養が必要である

と語り、「首かざり」の説明を始めます。

これが、一編の短編小説に過ぎない首かざりをここまで深く、話題を広げて考えられるものなのか…という「敷衍」の実例といってもいいもので、思わず「モーパッサン短編集」を読み直したくなるくらい面白く、大変興奮しました。

「仁和寺にある法師」を思い出す

ここを読んでいて、昔国語の教科書で読んだ徒然草の一編「仁和寺にある法師」を思い出しました。

仁和寺にいた、ある法師が、年をとるまで石清水八幡宮をお参りしたことがないことを情けなく思い、ある時思い立ち、一人、徒歩でお参りにいった。(山麓の)極楽寺と高良神社をお参りし、(八幡宮へのお参りは)これだけだと思い込み帰路の途についた。

帰った後、傍輩に向って、「ずっと(心に)思っていたこと(八幡宮へのお参り)を果たせた。聞いていた以上に尊さ(八幡大神の御神威)を感じた。ところで、他の参詣者が皆、山へ登っていったが、何か山上にあるのだろうか。行ってみたいとは思ったが、お参りすることが本義であるからと思い、山上までは見に行かなかった。」と言った。

小さなことにも、案内者(指導者)は欲しいものである。

僕もこれまで読んだ本は「仁和寺の法師」と同じように、本の真髄をつかまないまま、何となく「読んだ」と思っていることが多いのではないかなぁ…怖いなぁ。

そう思った次第です。

「人の親」なら第4章も必読かも

お子さんをお持ちの方なら、誰しもが子どもの未来を思い、何か出来ないかと思われているかとお察ししますが、そんな方にオススメなのが第4章の「教育者をつくる本の読み方」です。

特に「親が読む本を強制してはいけない」というくだりです。また、上手に本に親しめるように環境を整える重要性は、個人的経験からもその通りだなぁと思っています。

…とまぁ、説明してきましたが、これはこの本のほんの一部です。

「読みやすい」と言いましたが、第6章「キリスト教者をつくる本の読み方」は本当に難しかった。結構専門的だからです。

また、第5章「教養人をつくる本の読み方」もこれはかなり手強い!と感じました。

だけど、全体を通して「この本は買い!」というのが読んだ僕の率直な結論です。

何より「本と人との出会いが、人生の生きる柱になる」というのは、個人的経験からしても間違ってはいないと思うんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました