iPhoneのワードプレスアプリが使いづらいので、対処法を考えた

雑談

この記事では、iPhone版のワードプレスアプリが余りにも使いづらいので

文章をサクサク書きたい主が、無い知恵を絞って対応法を考えました。

基本「プログラミングができない主が、自分のショボい知識を絞った」ので、

誰でもストレスなく、出先で文章を書く方法として読んでいただければお役に立つかと思います。

ムダに重いワードプレスアプリ(怒)

私、ライブドアブログで今のブログを書く前から10年くらい、ブログを書いていたことがあるのですが、まーだユーザーフレンドリーというか、まだマシだったんです。

友人がワードプレスでブログ始める、っていうから「何それ面白そう」と初心者向けマニュアル買って来てセットアップし、始めたのが今のブログ。

ただ、このワードプレス、訳の分からん謎仕様を次々に作り出してこっちは往生しました。

例えば、ブロックエディタ。これが本当に初心者に不親切で、

サクサクワープロのように文章を書いていく私のような人間からすると

本当に面倒くさい。すぐに「もとのエディタの方がいい!」とぶちぎれて

プラグインの「クラシックエディタ」を導入し、PCでの編集はめでたしめでたし…

しかし、それ以上に悩まされたのが、iPhoneのワードプレスエディタでして…

これがとにかく、サクサク動かない!

アプリを開けたら、固まること数十秒…

そんで、落ちる!が日常的。いつまでたってもうんともすんとも言わないのがお約束。

こっちは、サクサク文章を書きたいのに、もったりもったりするし…

とはいえ、モバイルからのアクセスも大事なんです。今デジカメをiPhoneでまかなっているので、

だから、ブログ用の写真を撮って、グーグルフォトで、自宅のパソコンに移し

これをパソコンでの編集に回し…ということになる。

ただ、パソコンもクラッシュの可能性もあるし、万が一の時のためにiPhoneでも文章を書くための「だましだましな方法を開発しなきゃあかんなぁ…」とはずっと考えていました。

iPhoneで記事を編集するときのネックは「とにかく重い」こと

アプリで一番ストレスを感じるのが、このアプリがとにかく文章編集に向いてないこと。

私はブラインドタッチでガンガン書き進めていくスタイルなので、とにかくすぐ、まっさらな文章をガーっと書きたい。

ところが、アプリがとにかく重いので、それがなかなか捗らない。

文章を書くというのは結構勢いが必要だったりしますので、

モッタリモッタリと動作するアプリはそれだけでストレスの元。

かといって「俺ならこんなエディタを作ってやるぜ!」というプログラミング技術もない

だから、手元のアプリを駆使するしかない。

はっきりいって、もっと便利なエディタは世の中に掃いて捨てるほどあるんでしょうが、

iPhoneにもれなく付いてくる「メモ帳」を使うことにしたわけです。

メモ帳を使ってサクサク文章を書く

ここで作るのは、あくまで完成形でなく、

本文部分、写真も入れず見出しも一切加工しない、文章のテキストデータを作成する感覚で書いていきます。

メモ帳は、最初の一行がタイトルになっているので、これはブログのタイトルの仮の名前を入れておき、文章を作っていきます。

 

メモ帳は、メチャクチャに軽いので、私のつたないフリック入力でも問題なく動作するし…

で、ここで文章を作ったら、文章部分をポンと押し、「すべてを選択」を選びます。

で、そうすると、こういう感じで文字を全選択できるので…

これを「コピー」を選んで、テキストを記憶させます。

んで、これをワードプレスの編集画面に持っていくのですが、

ビジュアルエディタでペーストするときは、変なタグが付いたりしないように、

ペーストを選ばず、「フォーマットなしで貼り付け」を選択します。

そうすると、こーんな感じで何のタグもつかずにペーストされるので…

見出し部分を加工したり、写真を挿入したりしていくわけです。

いい方法あったら、教えてください!

見る人がみるなら「何つー原始的な手段を取ってやがる」と失笑を買うでしょうが

なにしろ、iPhoneで「文章をアップ」するとなると、ブラウザから編集画面を引っ張り出すかアプリを使うかしか、思い浮かばない。

で、ブラウザからだとiPhoneの画面だとチマチマしててやりづらい。

アプリは腐ってもiPhone対応画面になっているから、それを極限まで「使わない」で編集機能と記事のアップロードだけはやってもらおう、という苦肉の一策でした。

このアプリ使えば、こんな二度手間しないのに(´・ω・`)とお思いの方、

ぜひお知恵を拝借できれば幸いであります。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました