マリー・アントワネット「パンが無いならケーキを食べろ!」の真相

雑談

この記事では、世界史上最大の迷言

「パンが無かったらケーキ(お菓子とも)を食べればいいじゃない!」

の真相を書いていきます。言葉の主は言わずと知れたマリー・アントワネットフランス王妃

とされてきましたが、調べてみるとコレが真っ赤な嘘!!

話のネタになりそうなんで、まとめてみました。

マリー・アントワネットの生涯をメチャクチャざっくり説明

まず、マリー・アントワネットはフランス生まれじゃありません。

生まれはオーストリア。神聖ローマ帝国のハプスブルク家で生まれます。

14歳で隣国フランスの王太子ルイと結婚。これは「長年の宿敵が結婚で仲直り」という政略結婚。

やがて、フランスは経済的にひっ迫し、国民は食料にも事欠く事態に。

国民の不満は1789年、ついに爆発。世にいうフランス革命です。

フランス王家はぶっ飛んで、革命政府が立ち、周りの王国は「こっち来るな」とビビってフランスを攻撃。

特にオーストリアは、「娘と婿殿を返せ!」とかなりお冠。

そんな中、王様も妃のマリー・アントワネットも「こいつらが悪い!!」と憎まれ役にされ

あること無いこと山ほどおっ被されて、ギロチンで処刑されました。

実は、そんなこと言ってなかった!!

このマリー・アントワネット。

国民の窮状などつゆ知らず、太平楽な贅沢姫が

「そんなにパンがないなら、ケーキを食べろ!」といったというのが通説なんですが…

実はこの話、全く根拠はない!

というか、マリー・アントワネットのこの手の話はゴシップで大分膨らませたものばかりで、信頼に値するエピソードではないことが多い、多すぎる!

このエピソードの元ネタとされるのが、同時代のルソーの『告白』という本の6巻で

とうとうある王女がこまったあげくに言ったという言葉を思いだした。百姓どもには食べるパンがございません、といわれて、「ではブリオシュ〔パン菓子〕を食べるがいい」と答えたというその言葉である。

との記述があります。

しかし、この本は1782年に出版されているものの、書かれたのは1765年。

当時マリー・アントワネットちゃんは御年9歳。

当時、オーストリア在住の女の子です。

また、書簡や発言などでも、該当するものは見当たらないため、

歴史学者でも、この発言をまともに取り上げる人はいません。

飯の恨みは恐ろしい…は古今東西の真理!!

しかし、なんでそんなに彼女は憎まれるのか?

彼女がフランス王の妃でありながら、その前は長年の宿敵オーストリアの王女ということも大きかったと思います。

要は叩きやすい存在だった、ということです。

今でも何でもかんでも特定の人に「こいつが悪い!!」という人、いるでしょ?

で、例えば王室なんかに反感を持ってる人間からすると

長年いる王様より、その隣の外国出身のお妃の悪口流した方が共感を得られやすい。

しかも、腹が減ってるときに「パンが無いならケーキ喰え!」なんて噂が流れたら

上等だ!!矢でも鉄砲でも持ってこい!!となってしまいます。

こういったエピソードは実は洋の東西、時代を問わず、結構良くある話でして…

我が国日本でも太平洋戦争後、食料メーデーのプラカードで

とか、

「現在は麦を食べられる人は麦本位で、米を食べられる人は米本位で…」と答弁したら

翌日新聞に「貧乏人は麦を食え」と見出しが躍ったりしました。

喰いもんの恨みはかくも恐ろしい。食い詰めたら扇動に簡単にコロッと騙される。

おお、こわ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました