昭和天皇エピソード記事ランキングBEST10

スポンサーリンク
昭和天皇
スポンサーリンク

この記事はブログ主がこれまで書きためた、昭和天皇エピソード記事をアクセス順にまとめていきます。ソースは主に昭和~平成で出版された絶版本をメインにしております。

内容は、歴史的な内容から、普段仕えていた側近が書き残した、割とかわいいエピソードが中心です。

スポンサーリンク

第1位:「耐え難きを耐え」しか知らない方のための玉音放送講座

当ブログのアクセス第1位は、8月15日を前後する時期に決まって流れる「耐え書きを耐え、忍び難きを忍び」というフレーズが印象的な、玉音放送についての記事です。

「実は、このフレーズよりもっと重要なメッセージがある!」というのがキモで、

現代語訳からまず全体の内容をザックリとつかんでもらい、当時の情勢などや「天皇がマイクの前に立つ」という意味などの意味をおさらいして、

今の我々にも通じる「未来に向けて日本人はどうするべきか?」というメッセージを読み解いてみました。

「耐え難きを耐え」しか知らない方のための玉音放送講座
明日は8月15日なんで、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び…」ばかり使われる玉音放送について書いてみます。全文読んでると、いいこと書いてるんです。

第2位:昭和天皇と歩んだ皇后、香淳皇后ってどんな人?

アクセス第2位は、昭和天皇の后であり、上皇明仁陛下の母親でもある香淳皇后のエピソード集です。

昭和天皇の方が、エピソードとして何冊も出版されていますが、香淳皇后はその性格から昭和天皇エピソードに時折、ひょっこり顔をのぞかせては、すごくホッコリした役どころで登場することがおおいお方です。

また、今の皇后陛下のように上皇陛下ご誕生までは、女の子に多く恵まれたことから

非常にプレッシャーを感じておられた方でした。

現代と違い、恋愛感情を持って結婚したわけではないですが、昭和天皇と昭和の時代を歩んだプライベートなエピソードを中心にまとめてみました。

昭和天皇と歩んだ皇后、香淳皇后ってどんな人?
昭和天皇のお妃、香淳皇后のエピソードを書いていきます。とりあえず、手持ちのエピソードを書いていきますが、新しい話が手に入ったら随時更新する予定です。

第3位:昭和天皇のお食事エピソード

第3位は、みんなが誰しも気になる食べ物エピソードです。

「好物はイチゴジャムのサンドイッチ」

「アメフラシを食べた話は本当か?」

「ふかし芋の皮をむいたら『皮のところが美味しいのに』と昭和天皇が怒った話」

「皇居からウナギの出前を取った話」

など、当時仕えた渡辺誠さんや谷部金次郎さんといった「天皇の料理番」の証言からまとめてみました。

昭和天皇のお食事エピソード
主に天皇陛下の料理番2人の本から、昭和天皇の食べ物エピソードを集めてみました。意外に庶民的な食の好みから、学者魂がつい飛び出したエピソードまでを書いてみました。

第4位:昭和天皇「フグ論争」の真相

某掲示板でも有名になったコピペで、昭和天皇がフグを食べられなかった話が面白かったので、詳しく掘ってみた記事が第4位です。

定期的に誰かに発見されては紹介され、ポッとアクセスが増える不思議な現象が良く起こります。

生物学者昭和天皇が理詰めで「なんでフグ食べちゃだめなの?」と反対する侍医を小一時間質問攻めにする話、そしてなんでそんなにフグを食べることにこだわったのか?

これにはもう一つ裏話があって、皇族も「フグはダメ!ゼッタイ!!」という侍医たちの謎ルールにちょっと疑問を感じていたのでは?と思わせる内容でした。

昭和天皇「フグ論争」の真相
某サイトのコピペでもお馴染み、天皇陛下の「フグ論争」について、『上着を脱いだ天皇』から引用しつつ書いていきます。

第5位:昭和天皇が伝説のお色気番組『プレイガール』を見た話は本当か?

ウィキペディアにもある「昭和天皇が見たテレビ番組」の項目で、当時男性から絶大?な人気を集めていたお色気番組が入っていた

というところから、真相を探ってみた記事です。

このランキング中、ソースを探すのが一番大変な記事でした。

というのも、現代出版される昭和天皇関係の書籍では全く取り上げられない内容なのに、ウィキペディアでは原典を明示されずに番組名だけ挙げられているという状態で、何冊も古本を当たり、やっとこさ意味が分かった…という内容だったからです。

今みたいにポルノがインターネット上に転がってる状態でもなく、お金も自分で使ったことがほとんどない、という天皇陛下がホントにお楽しみあそばされた…のか?それは見てのお楽しみ、ってことで。

昭和天皇が伝説のお色気番組『プレイガール』を見た話は本当か?
昭和天皇の生のエピソードが満載の『上着を脱いだ天皇』から巷間で噂になっていた「昭和天皇がお色気番組『プレイガール』を見た伝説」について検証します。

第6位:昭和天皇が楽しんだ「相撲トトカルチョ」

好角家でもあった昭和天皇が、側近たちと楽しんでいた大相撲の勝敗予想を書いた話が第6位にランクインしました。

実は、プレイガール以上には有名だけど、側近たちがなんとなーく内容を濁して書いていたのでこのエピソードは結構有名だったりします。

ただ、先ほども書きましたが、昭和天皇はお金を持っていなかったので

賞品は…だったんです。

どんなに忙しくても、お出かけでも、これだけは必ず楽しんでいた…昭和天皇のささやかなお楽しみを覗き見して楽しめるエピソードに仕上がったかな、と個人的に好きな記事です。

昭和天皇が楽しんだ「相撲トトカルチョ」
子どもの頃から大変な好角家だった昭和天皇。昭和時代に刊行された本から、側近と取り組みの勝敗予想、つまりトトカルチョを楽しんでいたという話を知り、まとめてみました。

第7位:昭和天皇記念館に行ってみよう!

東京都立川市にある『昭和天皇記念館』に行った時の話をまとめたのが、第7位にランクイン。

ちなみに、この施設の立ち上げに関わった人と知遇を得て、おうかがいしたエピソードは

「最初は昭和神宮を作ろうと有志で発案して、宮司も用地もあたりを付けてから政府に申し出たら『神社だけはちょっと…』と慌てられて、結局『昭和天皇記念館ではいかがでしょうか?』と申し出られちゃった、あはは…」

とのこと。

政教分離の原則に従い、造られた施設ですが、昭和生まれには懐かしい雰囲気が多くおススメな場所です。5月の連休くらいに行くと、メチャクチャ気持ちがいいですよ。

昭和天皇記念館に行ってみよう!
平成のうちに、昭和の空気をかぎたくなって昭和天皇記念館に行ってきた記事を大幅に書き直してみました。春や秋に行くとすごく気持ちのいい場所なんで、ぜひ一度!

第8位:テーマは別!「人間宣言」を読み直す

1945年8月15日の玉音放送が、割と反響が良かったので、「読んでみると真意が違うシリーズ」第2弾として書いたのが、これ。

原典が文語調なんで、現代語訳から読んで、分かりやすくしました。

またそもそも、タイトルがおかしい!ということで、生前に公式記者会見で昭和天皇が語っておられた内容をまとめました。

テーマは別!「人間宣言」を読み直す
この記事では、昭和21年1月1日に発布された、いわゆる「天皇の人間宣言」について解説します。通説だと、神格化を否定したことがメインのように書かれているケースが多いのですが、昭和天皇ご本人の発言も含めて全文を読んでみると、テーマが実は違っている、ということをご理解いただけると思います。

第9位:昭和天皇とお酒のエピソード集

昭和天皇は下戸なのに、なぜかお酒にまつわる面白エピソードが溜まってきたので在庫一掃のために書いた記事です。

今はそんなにお酒が交流の主体になることはありませんが、当時は飲むことは今以上に楽しみな時代。

天皇臨席で内輪で盛り上がり、皇后陛下を「奥さん」呼ばわりする側近

天皇皇后両陛下も吹きだして、席は大いに盛り上がったエピソードが「なんとなく威厳があっておっかない」イメージとは違うなぁ、これは書いておきたい…とそのために書いた記事です。

昭和天皇とお酒のエピソード集
昭和天皇はお酒を召し上がらない人物ですが、周りとの和やかな雰囲気を大事にする延長で、お酒にまつわるエピソードが結構見つかりました。当時のなんとなく、ざっくばらんな雰囲気を楽しんでいただければ幸いです。

第10位:生物学者昭和天皇が「助手」をつとめた話

昭和天皇の趣味の一つに生物の研究があります。

政務の合間に標本採集を行い、分類学の観点からコツコツと取り組まれました。

合間といっても素人研究者のレベルどころじゃなく、裕仁名義で専門書を書かれ、新種もいくつも見つけるほど熱心に取り組んでいたそうです。

で、それを見ていた侍医がついうっかり「自分もやりたい!」と発言したら、

本人以上に天皇がノリノリになり、侍医がモタモタしていると脇から手伝ってくれたり

「もっと研究しなさいよ!」とアドバイスをしたりされて、侍医が大いに恐縮したという話が面白かったのでまとめたものです。

生物学者昭和天皇が「助手」をつとめた話
以前、フグ論争で登場した侍医、杉村昌雄さんの『天皇さまお脈拝見』を楽しく読みました。料理番とはまた違った距離感で、昭和天皇に仕えた杉村さんが、心ならずも昭和天皇を助手に使っちゃった話が面白く、微笑ましいので、一本の記事にしてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
昭和天皇
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました