昭和天皇とお酒のエピソード集

スポンサーリンク
昭和天皇
スポンサーリンク

この記事では、昭和天皇とお酒のエピソードをご紹介します。

と、いってもご本人が過ごしてご乱行…というお話は全くありません。

なぜなら、昭和天皇はお酒が全く飲めなかったから。

じゃ、なぜこんな記事を?と思われる人もいるでしょうが、それは読んでのお楽しみです。

スポンサーリンク

5歳の正月に寝正月

昭和天皇が初めてお酒を口にしたのは、なんと5歳のとき。

と言っても自分から口にしたわけではありません。その辺はご本人のお話から起こしていきましょう。

昭和51年8月23日、那須御用邸での記者会見でのやり取りです。

記者:陛下はお酒を召し上がりませんが、それは小さい頃女官さんから雛祭りの時、白酒を勧められ酔われてしまったから、と伺ってますが、真相は。

天皇:その女官のことは間違い、ウソです。お正月、お酒に酔って困って寝正月をしたというのは小児科の医者から(お酒を)勧められたんです。どうもあの頃、乱暴と言っちゃなんだけど、お酒の好きな人が周りに多かったから。

記者:何歳ごろのことでございますか。

天皇:それはねえ、五つかそこいら(大笑い)

今だと、未成年にお酒を飲ませるなんぞ、論外というか色々社会的制裁も入るほど厳しくなりましたが、当時は明治時代ですから、まぁご容赦ください。

ちなみに、私が調べたところ、明治天皇は大酒飲みで、大正天皇もワインなどを好んで飲まれていました。

なもんで、「迪宮(昭和天皇)さまもご酒はいけるはず」と勝手に推測されて、そうなっちゃった…のかなぁ、と思います。

レーガン大統領との「酒飲み話」

そんなわけで、晩餐会や宮中での祭事などでは、ひと口だけ口をつけて、飲まなかった昭和天皇。侍医たちは「一杯くらいならお体にいいから」とお酒を水で割ったものを勧めたこともあるそうですが、お身体の具合が良くないというので、やめてしまったとのこと。

しかし、宮中晩さん会で、ロナルド・レーガン大統領と「酒飲み」について話が盛り上がったことがあります。

それは、大統領が「陛下はお酒を召し上がらないんですね」と声を掛けたところから。

天皇「私はダメだけど、祖父(明治天皇)は大変な大酒飲みでした」

レーガン大統領「なるほど、それで…実は、日本で明治天皇と飲んだグラント将軍(元北軍の司令官で元アメリカ大統領)はバーボンを飲み過ぎた人なんですよ」

天皇「(グラント大統領は)祖父とは随分、飲んだそうですよ」

後で、側近が調べたら、確かにグラント大統領は大統領を辞めた後、日本に来ていて、元大統領だから明治天皇の接遇を受けている。

しかも「美味しくお酒が飲めるから」って理由で滞在中もう2回、会って飲んでると分かりました。

酒飲みだから分かるんですが、「なるほど」と感じるブログ主です。

で、そんな日米の「酒飲み」をネタに盛り上がる昭和天皇とレーガン大統領。これぞまさに「酒飲み(の)話」

香淳皇后はいける口

とまぁ、お酒に関してはまったく口にしない昭和天皇ですが、后の香淳皇后は飲める体質で、晩のお食事に小さな徳利がつけられていたそうです。

とはいえ、お代わりなんかしませんし、ましてブログ主のように酔って乱れることはなく…

ひと口か、ふた口飲んだらおしまいで、残りは全て「おすべり」となり、料理用に使われたりしたそうです。

また、香淳皇后のご好物は、酒粕で野菜を漬けた奈良漬け。

昭和天皇は、あまり手をつけなかったそうですが、

奈良漬をたくあんとかと一緒に細かく刻んで、ダシで和えたりされたものは、少々口にした、と谷部金次郎さんの『昭和天皇と鰻茶漬』で書かれています。

内々の飲み会では座持ちよく…

宮内庁の中で陪食をされるときには、お酒は飲まないけど宴席の雰囲気はお好みだったらしい昭和天皇。

侍従や侍医たちがお酒を飲んで盛り上がっているのをニコニコながめつつ、酒飲み独特の盛り上がる雰囲気にも乗って、一緒に会話を楽しんでおられた様子。

お酒を飲む人のペースに合わせてご飯を召し上がり、大好きな相撲の話に花を咲かせたそうです。

侍医の杉村昌雄さんの『天皇さまお脈拝見』では、両陛下はざっくばらんな雰囲気を醸し出していたそうで、大いに盛り上がったとのこと。

ある時、村山浩一侍医長(当時)が、香淳皇后にお酒を勧めたとき「さ、奥さん、どうぞ一杯!」「奥さん、遠慮なさらず」「あ、奥さん。お酒がこぼれますよ」と香淳皇后に「奥さん」を連発。

この村山浩一さん、中々の豪傑で様々なエピソードをお持ちの方。

それだけに全然悪びれず「だって奥さんなんだから問題ないだろう」と言い放ってみんなで大笑い、なんてこともあったそうです。

【関連記事】

昭和天皇「フグ論争」の真相…某掲示板サイトで有名なコピペを調べてみたら出てきたお話。昭和天皇が侍医に「なんでフグを食べたらいけないのか?」と小一時間問い詰めたお話です。

昭和天皇のお食事エピソード…谷部金次郎さん、渡辺誠さんという二人の「天皇の料理番」が残した著作から、面白いお食事エピソードをまとめたものです。

【参考文献】

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
昭和天皇
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました