義妹の安産を祈り、あっちこちの神社へ行くバカ兄貴

スポンサーリンク
自分はホント、バカでして…
スポンサーリンク

今年の誕生日に弟から2人目ができたという知らせがありました。

9月に生まれるそうなんですけどね。まぁ楽しみです。

スポンサーリンク

赤ちゃんと言えばコウノトリ!と鴻神社で安産のお守り!!

ただ、姪っ子を産んだとき、義妹は結構大変だったみたいだったので、地元の鴻神社で卵型のお守りをゲット!

この卵、実は1人目の姪っ子の時もプレゼントしているんですが、今回は前回送ったサイズを忘れてしまったので、一番でっかいのを求めました。

現物は弟宅にあるのですが受け取った弟から「今回のは大きいね」とのお返事。

あはは、まぁいいか。

靖國の英霊にも、助っ人をお願いに行く

まぁ、ボチボチ神社に行く機会はあるので、その度にお参りは欠かしません。

願いは「安産」一択であります。

で、桜咲き乱れる靖國神社でも

「義妹のお産が楽になりますように。元気に赤ちゃんが生まれますように」

と246万4千柱の英霊にお願いしてまいりました。

ただ、最近なにかと靖國神社に行くことを公言しているせいか…友人からは「右翼」と呼ばれていることをコッソリ暴露しておきます(苦笑)

でも、桜の盛りの靖國神社はホント、キレイなんですよ。この世のものとは思えない。

「九段の桜の下で会おう」と散った英霊たちが一堂に集まって再会を喜んでいるのかな…と思ったら、ポロッと涙が出る位、美しかったです。

ぜひ一度、花咲き誇る靖國神社に行ってみて!あ、また右翼…(以下略)

東照大権現にも図々しくおねだりしてくる

最近、私を「右翼」とからかう友人に、ある日「明日日光行こうぜ!」と言われたんで

もちろん行きます、行きますとも!

そんなわけで、東照宮へ。

東照宮なんて、多分小学生の時に一回行ったきりだったなぁ。

でも、今見るとなんというか、別の意味で面白い。様々なデザインが何を意味するのか推測したり、家康は土葬だったっけ?とかアレコレ話しながら見て回るのが非常にいいんですよ。

もちろん、奥の石段を登って家康公のお墓を詣でて、

参拝してきましたよ、当然。

願いはもちろん(以下略)。

神社見つけりゃ、神頼み!

で、今日は歩きながら英語教科書を音読するという、勉強&運動をして、帰り路にある諏訪雷電神社に立ち寄って、お賽銭弾んで参拝。

ねが(以下略)。

ちなみに鴻神社以外はお守りは買ってません。

あっちこっち行って安産のお守り山ほど買っていったら、逆に向こうがプレッシャーを感じるでしょうし。

それにしても、思ったのは、願いを聞き入れてやろうと、神様たちが集まった時

アイツ、あっちこっちに願掛けやがって!おい、誰が行ってやるんだ?

とお互いの顔を見合わせながら当惑しないかなぁ、という下らない妄想でした。

まぁ、義妹と子供が元気にお産をくぐり抜けて、元気にしてくれたら

バカな兄貴&おじさんにとって、こんな嬉しいことはないんでございます。

頑張れよ!!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
自分はホント、バカでして…
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました