究極減量食シリーズ『ジャンピラフ2』を作る!

スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク

この記事は、YouTubeチャンネル『マッスルグリル』の減量食、ジャンピラフのカレー味バージョン、ジャンピラフ2を試作します。

マッスルグリルでは、「処刑場」という名前でフードプロセッサーが大活躍します。

確かに時短になるし、便利なんだけど…我が家にはフードプロセッサーがないんで、包丁で細かく切る形で対応しました。

肉も市販されている鶏むね肉のひき肉を使います。ちなみに、5合炊きの炊飯器を使用しています。

スポンサーリンク

【材料】

米…2合

ショウガ…ひとかけ

鶏胸ひき肉…200グラムくらい

ニンジン…1/2本

セロリ…1本

タマネギ…1個

マッシュルーム…5個

カレー粉…小さじ2杯

塩…お好み

【クッキングスタート】

まずは、2合のコメと定量の八分目くらいの水を入れます。お米と水は必ず一番最初に入れて下さい。

それに、細く刻んだショウガをぶち込み、ひき肉をそのままドサッといれます。

続いては、火の通りにくそうなものから順番に投入。まずは、ニンジン。

セロリの茎部分、タマネギを投入します。どちらもザックリ刻んだ感じです。

続いては、マッシュルームをスライスして投入。

そして、セロリの葉の部分も入れます。これもざく切りですね。

最後に、カレー粉と塩を加えて

炊飯器、スイッチオンで炊き上げる!炊き上がったらシャモジでよーく混ぜて、完成!

【試食してみた】

で、食べてみると、なんか野菜や鶏ひき肉の味や香りがちゃんと分って美味しいです。

特に、生の時は独特の香りで存在感バツグンなセロリがグッと美味しく食べられます。

マッスルグリルの料理って割とみんなシンプルな味なのに、食べると満足感を得られる「身体の喜ぶ」料理なんですよね。

今回は胸ひき肉を使っていますが、ネットの成分表見ると、そんなに脂肪分が多くないので

シャイニー薊さんが、別途摂取を勧めている脂肪分の範囲内に収まっていると思います。

で、フードプロセッサーがない分、若干手間はかかりますが、その分野菜がちょっと大きめになって食感を楽しめるというおまけが付きました。

マッスルグリルの減量食はこれまで、メチャクチャ満腹になる『ジャガバード』や

5拍子揃った減量食『

1日1200キロカロリーを楽に摂れる『ジャンピラフ

と様々な減量食があるんですが、どれも「食べ応え」を出すことに工夫されてて、長続きしやすいモノが多いです。

今回のジャンピラフ2は、ご飯が好きで、かつお粥なオジヤのように柔らかいご飯でなく、お米を粒で食べたい派にはおススメです。

水気が少ない分お弁当にも使いやすいと思いますし、男の不器用な調理でも、材料切る時間が30分弱+炊飯器調理なので、非常に楽です。

まぁ、欠点と言えば、一日3食同じものを食べるということでしょうが

これは、ドライカレーと言っていいくらい美味しいので、何日も連続で食べなきゃ、飽きることはないでしょうね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
ダイエット炊飯器クッキング
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました