DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる(section44編)

DUO3.0英文解説

この記事では、DUOの section 44 の読みにくい英文を解説します。リクエストがあれば随時追加更新しますので、コメント欄にメッセージお願いします。

531.”Jennifer deceived me!” “You should have known better than to trust her.”

これは、2つ目の文に絞って話をします。

know better (than to do) は、「(〜しないくらいの)分別がある」という意味ですが、比較の形からも

「考えたことの方がやることよりマシ」という意味があるのはお分かりになるかと思います。

中学レベルだと数字なんかの比較で分かりやすい比較がでますが、高校レベルになると、こういった概念の比較が出てきます。例えば

A whale is no more a fish than a horse is.(馬が魚でないのと同様に、クジラも魚ではない)

みたいな、いわゆる「クジラの構文」もこれに当たります。

例文に戻ると、

You should have known better than to trust her.のshould have は、仮定法過去分詞の用法で、「過去に起こらなかった」ことを表します。

この場合、「ジェニファーに騙される」ような分別を持つ、ことが過去に起こらなかったことです。

そうであったら良かったけど、実際はその分別を持っていなかった、ということです。

532.Tom regretted having wasted a great deal of life.

コレは、文の中の時間線に注意してみましょう。文章の主語、動詞はもちろん

Tom regretted です。では、その後のhaving wasted a great deal of life は、Tom regretted の時間と同じなのか、それとも過去の時間なのか?

コレはhaving wasted で説明できます。これは、完了形ですから、過去の過去、つまり大過去に「時間を浪費した」ことをトムが後悔していた、と分かるわけです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました