恐竜の話がメチャクチャに変わってて笑った

読書について

ラジオ番組で、山田五郎さんが新しい恐竜本を出したという話を聞いて、興味が湧きました。

ちなみに私の知識は、「ドラえもんのび太の恐竜」から一歩も進んでいない状態です。

頭突きが強いと思っていたら…

そしたらコレが、驚きの連続!

まず、恐竜から現在の鳥類になった事を知らなかった!!

ええっ、そうなの!?って感じですわ。そこから始まって、ページをめくるたびに、知らない事だらけになり、頭真っ白!!!

いいねぇ、僕はこういうシチュエーションになると、ミョーに興奮してしまいます。

例えば、パキケファロサウルス。

もう、なんかいかにも、頭突きが強そうな頭ですよね。ダッシュを効かせて頭から突っ込んでいきそうな、そんなイメージです。

そして僕が子どもの頃には、確かに「頭突きが得意」と紹介されていました。

ところが、最近の研究では、「骨格からして、頭突きをすると首が折れる」だって(笑)

思わずコーヒー吹きました☕️

恐竜研究ってマダマダ分からないことだらけ!!

あと、ブロントザウルスがいつの間にかアパトサウルスとなっていて、しかしまたブロントザウルスが復活となりそうだと書いてあって

なんじゃこりゃ!と頭がこんがらがりそうです。

こりゃ、軽々しく子どもに自慢気に話したら、「バカなオッサン」だと鼻で笑われそうです。

で、さらに読み進めたら

恐竜については分かっていることなんて、実は氷山の、ほーんの一角らしい。

だから、新たな種や証拠がポコポコ出てくる。

そのたびに話がどんどん変わってしまい、こんな状態になるといいます。

だからこの本の中で、恐竜学者の真鍋真さんが

今の子どもたちに「私が大人になった時、恐竜学者がやることが残っていますか?」と聞かれることが結構あるそうですが、

まだまだ掘り出されていない事実があるので、安心していいみたいです。

恐竜を研究したい人は〇〇を勉強しよう

そして、最後の方には、どうやったら恐竜の研究ができるのか、というお話があるのですが、

古生物学者といえども、生物学の一種なんで、現生生物の解剖をして勉強しなきゃいけない、とか。つまりは、生物学から恐竜の研究に進む形になるとのこと。

文系だと思っていました(歴史っぽっかったから)けど、もろ理系ですね。

将来恐竜研究に進みたい方は、ぜひ頑張って欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました