DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 5編)

DUO3.0英文解説

今回はsection 5の英文で、読みづらそうなものを紹介します。

53.We can’t apply cloning techniques to cattle, let alone human being. it’s forbidden.

直訳すると、「牛にクローン技術を応用することは許されないし、人間ならなおさらダメ。それは禁じられている」といった意味になります。let alone の後ろに続く事案が、前のものよりさらに否定的な強さが増す、というのがポイントです。

It’s forbidden. についてはクローン技術の生物への応用は、禁じられているという前提を含みながら誰が禁じているのか、というのを明らかにする必要がない場合、受動態の is forbidden を使っています。主語のit は先行する文章の内容、つまり『クローン技術を人にはもちろん、牛にも応用してはならない』全体を表しています。

54.Whales are classified as mammals.

53に関連して受動態の文章をもう一つ。クジラは「誰に」哺乳類に分類されるのか?

言うまでもありませんが僕ら人間です。

だけど、そんなことをいちいち書く必要はないし、そんなことわかってるので省略されるのです。

ちなみに、爬虫類は reptiles といいます。

55.Owing to illness,some representatives were absent from the annual conference.

some+名詞が主語になる場合、「~する主語もいる」と訳します。これは、中学校の教科書でも結構でるので、見たことが多い人が多いかもしれません。

Some students like science very much, and others like music.

理科がとても好きな学生もいれば、音楽が好きなものもいる

という風に、some と呼応させるように、others を使ったりすることもあります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました