悲しいから笑顔で送ろう!野村克也さん極上エピソード集!!

プロ野球

この記事では、2020年2月11日に亡くなられた野村克也さんの、とりわけ笑えるエピソードをご紹介します。

野球史に残る名選手、名監督だっただけにエピソードには事欠きませんが、立派なエピソードだけでなく、こんな面白い人だったんだというエピソードを少年時代から、監督時代までをいくつか集めてみました。

①最初なりたかったのは「歌手」

野村克也さんは、生まれて間もなく徴兵された父を戦病死で亡くされ、母親もガンになって死ぬか生きるかというほどでした。

従って家庭はビンボーのどん底!

お母さんのフミさんは中卒で工場で働く道を勧めますが、お兄さんが夜学に通いながら島津製作所で働き、高校の学費を出してくれたそうです。

身に染みて「ビンボーは嫌だ!」

と野村少年は感じ、なんとか大金を掴みたいと最初考えたのがなんと「歌手」。

毎日浜辺で歌の練習をしたのですが、ご自身曰く「あまり上達しなかった」とのことで、この道は断念します。

後に『俺の花だよ月見草』というレコードを出したノムさん。やはり野球の方が上手かったんでしょうね。

②野球部廃部の危機を、頭脳プレーで乗り切る

先述した様にお兄さんの仕送りで府立峰山高校に入学した野村少年。

しかし、野村少年は生徒会長になるほど頑張っていたのですが、野球部はガラの悪い先輩ばかりで窓ガラスを打球で割ってしまうなど、めちゃくちゃ評判が悪い!

しかも顧問の先生もいない!

廃部のピンチでした。

しかし、プロ野球選手になるにはなんとか野球部を存続させて、アピールしなきゃ…と野村少年は一計を案じます。

野球部の存続にとりわけ強硬に反対してた清水先生の小学生の子どもたちに「野球やらんか?」と誘い、懐いたところで「今度の日曜日、野球部の試合なんや。トーチャン連れて試合見に来い!」とささやいたのです。

大好きなお兄ちゃん達が出るから、と子供に引っ張られてシブシブ試合の応援に来た清水先生。

ここで部を挙げてのハッスルプレーで峰高野球部は快勝!

この試合ですっかり野球の面白さを知った清水先生、自論の廃止論を撤回するどころか、野球部顧問就任を快諾し、野球部の後押しをしてくれるようになります。

この清水先生、後にテスト生としてプロ入りする際に、各球団に手紙を書いてくれたり、プロ入りに反対するお母さんに「プロでうまく行かなくても私がちゃんと面倒を見るから、どうか行かせてほしい」と説得したそうです。

③ささやき戦術

こういった人の後押しや本人の努力によって戦後初の三冠王になるなど大活躍したノムさん。34歳でオーナーに口説き落とされて兼任監督になります。

しかし、かつての強豪南海ホークスも世代交代を迎え、かつての主力が相次いで引退。戦力が大幅ダウンしました。

そこで他のチームから伸び悩む投手を連れてきて、あの手この手で育て上げることに。

『野村再生工場』と呼ばれるようになります。

投手をリードするキャッチャーの立場からバッターを揺さぶるために使ったのが「ささやき戦術」

東京では銀座、大阪ではミナミのクラブに夜な夜な出かけては「野球選手の情報」をせっせと収集したそうです。

で、いざと言う時にポッと出す!

私が好きなのは盗塁を日本一やった選手への一言。当時強豪チームのトップバッターだったこの選手に関する情報収集を開始!

そして新聞に載ってた記事を目ざとくチェックして手に入れた情報を彼にぶつけました。

被害者の『ユタカちゃん』

「おい、お前カミさんに『ユタカちゃん』とか言われとるそうやないか、ユタカちゃーん(はぁと)」とささやいたそうです。

④バット、毒ガス、耳栓

もちろん、相手もやられっぱなしではなく、それなりに反撃を試みます。

「喝!」で有名な某安打製造機はオーバースイングの振りをしてノムさんのヘルメットをぶっ叩いたりして対抗。

また、その相方として活躍した「月に向かって」打った某強打者はオナラを一発ぶちかまして毒ガス報復。

また、耳栓をして打席に入るバッターもいたり。コレはあまり上手くいかなかったとか…

中には、ノムさんと配球の当てっこをしながらホームランを打った「代打男」もおりました。

④泥棒と書いて「トモ」と読む

ノムさんが現役時代の時、巨人はV9。

日本シリーズが近くなると、森祇晶さん(当時昌彦、のちの西武監督)がよくパリーグの出場チームの話を聞きに来たとか。

野球好きの2人、朝まで野球談義が続いだそうです…

また、情報だけでなく、森さんはスーツを作りまくるノムさんのクローゼットから「お、コレいいね」と言って勝手に持ってったそう。

⑥げん担ぎ

現役引退後、ヤクルトの監督に就任、万年Bクラスのヤクルトを強豪に育て上げます。
そんな監督のげん担ぎは様々。

まずは球場入りする道順。占いで縁起のいい方位があれば、そこから球場へ入ることを考えたとか。

また勝ったときの道順を「縁起のいい道」として、翌日も通り、悪い時はわざわざ遠回りして行くこともあったそうです。

また、勝ってる時は同じパンツを履き続けた、とも。なんか臭そう…

もっとも愛弟子の川崎憲次郎さん曰く、「同じ(タイプや色)のパンツって意味だと思いますよ」と笑って話していました。

⑦亀理論

晩年のノムさんというと、キャンプ地をカートで移動したりと、あまり歩かないイメージがありました。
コレは独自の養生訓から。
曰く「カメはあまり動かないから長生き」というもので、自身『カメ理論』と名付けていたそうです。
野球では、緻密さがウリですが、単に動きたくないからじゃないの?という気もしますが…そういうところがまたノムさんらしい…

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました