19世紀の「東スポ」を読む

歴史

今、何かと世間の方からの逆風が強い新聞業界。僕はそんな左前な世界に身を投じて18年になります。

新聞にもいろいろありまして、いわゆる朝日、読売、毎日、産経といった大手紙から「日本農業新聞」のような業界紙、スポーツ新聞や夕刊紙など、多種多様です。

最近では割にマトモな仕事と認知されていますが(そうでないとおっしゃる方がいるのも承知しております)、大手紙も昔は

年中シクシク泣く嫁の話とか、どこそこに猛獣現る、とかのおそらく知っても『話のネタ以上には決して役に立たない』内容のレベルの記事を書いていました。

広く読者を獲得するために、ウケる記事を書く!

まぁ、今でこそマジメな内容にシフトしたものの、当初は「東スポ」みたいなのもあったんです。

「19世紀の東スポ」絵入り新聞

イギリスのヴィクトリア女王が君臨していた19世紀後半にも、東スポみたいに猟奇事件や世界の不思議な出来事などを絵入りで伝える新聞がありました。

これを片手にジンをあおり呑んだくれるのが当時の労働者の憂さ晴らしでした。

今の私が居酒屋でハイボール片手にYouTubeでお笑い見るようなもんですね。

内容は当然ですが、政治・経済一切なし。

スキャンダラスな事件や幽霊の話、動物ネタなど、今のバラエティ番組の内容がてんこ盛りでした。

こういった記事を集めたものが、仁賀克雄さんの「ヴィクトリア朝珍事件簿」です。

とにかく記事を盛り上げるためには面白いイラストが必須(文盲もいたし)と言うわけではでな見出しとともに、ゴーカイなイラストがてんこ盛りです。

中でも、私のお気に入りは、コレ!

エクストリーム殺人事件

絵だからこその、この大迫力(笑)

異常な妻殺し…ってコレ、剣が頭を突き抜けております(笑)。頭骨って結構硬いのに…

リアリティからは外れているかもですが、なんつーかこういうのが色々出てきます。

文章も、昔の「川口浩探検隊」のナレーションみたいな、「ジャーン!」という音付きで書かれそうな大仰な表現を散りばめてあります。

上のイラストに添えられた記事には

犯罪の匂いを素早く嗅ぎつけ、恐ろしい行為の一部始終に聞き耳をたてる、いまわしい病的な好奇心は大衆をとらえ、その効果は月曜の朝に現れた。市役所は妻殺しのスイート(犯人)の裁判を見ようとする人間で息もつけぬほどの混乱ぶりだった(38ページ)

となんか、大衆のいやらしさを報じていますが、僕から見ると

「恐ろしい行為の一部始終」をつらつら書き立てて、「いまわしい病的な好奇心」全開で報じているのだから、

大衆も新聞も

「どっちもどっち」という気がします笑

いつの時代も鉄板!動物モノ

テレビでも和ませるネタとして鉄板なのは、「動物モノ」と相場は決まっています。

この新聞もご多分にもれず、こんな記事を発見しました。

ゴリラって涙流せたっけ?あと後ろの2人が地味に笑える

ベルリンでゴリラが死んだ、と一行でも終わることを、元気だった頃や弱くなっていく過程、最期へと思わず涙も下る名文?で書かれてています。

記事は…

飼育主任はいちどならず愛するメス・ゴリラの前にかがみこむと、ゴリラは腕を伸ばして彼の首を抱き、その澄んだ眼でやさしい保護者をじっと見つめていた。わすかのあいだに三度も彼にキッスをした。それからそっと長椅子にもたれ、もういちど彼と握手をした。まるで長いあいだ幸せな生活が送れたことへのお礼のように。ゴリラはすぐにねむりにつき、二度とふたたび目覚めなかった。

と締めくくっています。

いい話だなぁ…

ロンドンで当時この新聞を読んでた人も、この記事読んでオイオイ泣いてたのだろうか?…ジン片手に。

え、私目当てじゃない?

未亡人の寝床に闖入者…日活なんちゃらなにおいがしますが…

寝室に侵入してベッドの下に隠れていた男に、未亡人がピストル突きつけてます。実は彼は、未亡人でなく女中にぞっこんほれ込んだ男性だと判明。

その後、無事釈放されたのですが、

未亡人は、女中を解雇することでけりをつけた。

もちろん、この男がまた忍び込まないようにということでしょう…

自分目当てでなかったから、というわけではないよね?

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました