桶川『かつかつ亭』のソースカツ丼に、天然ハマチの刺身が付いてきた!ちょっと幸せ!

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

昨日親友から、長いこと闘病生活をしていたお袋さんが亡くなったとの知らせを受けた。

このご時世なんで、ご葬儀は身内だけでとなったらしい。

かと思うと、ウチの叔母から連絡があり、叔母の息子、つまり従弟が嫁さんと家を出ていったとの話。

どーも、ひと悶着あったらしい。30分ぐらい、話を聞くことになった。

人間生きていると、自分とは直接かかわりが無くても、憂鬱のタネは降ってくるものらしい。

仕事では、広告する新商品のための材料が入荷できるかどうか分からないので、お得意先との折衝があり、その後は新規開拓が空振りとどーも、流れが良くない。

かつて、田中角栄氏は

「刻限が来たら飯を食え、すきっ腹で戦に勝てるか!?」と口癖のようにいってたそうだ。

選挙の間は、焼くと塩が噴き出すような「塩引き」のシャケを焼いたのを丸々入れた赤ちゃんの頭くらいある特大おにぎりを2つ、バクバクっと食べて、精力的な遊説活動をこなしていたらしい。

とにかく、空腹は人をネガティブにする

なもんで…今日は、ドカ食いだ!

というわけで、菖蒲街道沿いにある『かつかつ亭』に入った。

この店、基本デカ盛り。しかも、揚げ物に全振りしたような品ぞろえのガテン系御用達のようなお店。でも、意外にシニアな人がごっついソースカツ丼食べてたり、なんだかんだで客層の広いお店だったりする。

で、お店に入ろうとしたら、こんなものが…

はい?

本日は天然ハマチ(限定)

なんのこっちゃ?刺身定食でも始めたんか?…で、席について、ソースカツ丼(972円)を注文。

そしたら、

「今日は、ハマチの刺身ありますけど、無料で付けますか?」とのお言葉。

あー、メニューに無料サービスするのか、と納得。

今日はカロリー無制限なんで、もちろん付けてもらうことに。で、出てきたのが、これ

結構大きい刺身が3切れ付いてる。

ちなみに、ソースカツ丼はこれでも普通盛り。別料金でカツは4枚まで増やせます。

ソースカツ丼は甘めのタレがカツとご飯にかかっていて、ご飯が進みますし、お箸でカツを持って、ガブリとやりますと、ザクっとかみ切れるので、そこは無問題!

問題は、ハマチなんだが…旨いじゃんこれ!日替わりで刺身定食でもやればいいのに、というレベルで天然ものというのはホントっぽい。これがおまけってマジか!?

と食レポみたいに食べてたのは、最初の一分で、

あとは、

X-JapanのToshiの「喰えよ!喰うぞ~!」という絶叫が脳内再生され、15分で完食。

さーて、午後も頑張るか!と大満足で店を出ました、とさ。

スポンサーリンク

【関連記事】

鴻巣に「吉田のうどん」を食べさせてくれる店があるんで、行ってきました。結構美味しいのでよく噛んで食べるうどんが好きな方におススメです。

テレビ番組『所さんの目がテン』で「史上最硬のうどん」と注目!!埼玉県鴻巣市で「吉田のうどん」を食べてきた!

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました