ああ、赤っ恥!「敷居が高い」を44歳直前まで勘ちがい!!

スポンサーリンク
自分はホント、バカでして…
スポンサーリンク

私、普段から文章を書いて飯食ってる!と偉そうなことを言ってますが、その鼻っ柱をポキッと折られた1件を…。

「敷居が高い」という言葉をご存じだと思います。

昨日、フォロワーさんがこんなツイートをされていました。

で、コレを見まして「???」と。

高級店とかに入る時なんか、ちょっと二の足を踏む…それが「敷居が高い」と私も思っていたので「え、違うの?」と。

で、早速広辞苑で調べましたさ…すると

敷居が高い

不義理または面目ないことなどがあって、その人の家に行きにくい。敷居がまたげない。

つまり、借金を返してないからとか、親の反対を押し切って駆け落ちしちゃったからとか、そんな理由で「行きにくい」と気に使うのが

「敷居が高い」という言葉らしい…(´・ω・`)。オレ、間違えてた!!

おいおい…良くそれで「文章で飯を食ってる」なんて大見得切ったよなぁ…あー、恥ずかしい。

スポンサーリンク

実際どれくらいの人が間違えているか、調べてみたら…

この「敷居が高い」の勘ちがい問題…

実は、文化庁もかなり気にしているらしく、平成23年4月の文化庁月報でも、記事が掲載されていました。

それによると…

平成20年度の「国語に関する世論調査」で,「あそこは敷居が高い。」という例文を挙げて,「敷居が高い」の意味を尋ねました。結果は次のとおりです。
(ア) 相手に不義理などをしてしまい,行きにくい・・・・42.1%
(イ) 高級過ぎたり,上品過ぎたりして,入りにくい・・・45.6%
(ア)と(イ)の両方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10.1%
(ア),(イ)とは全く別の意味・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.3%
分からない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.9%

文化庁月報平成23年4月号より引用

グラフは年代別の結果を示したものです。これを見ると明らかなとおり,

40代を境に,50代以上では本来の意味である「相手に不義理などをしてしまい,行きにくい」,

30代以下では「高級過ぎたり,上品過ぎたりして,入りにくい」を選んだ人が多くなっています。

現在は,本来の意味から「不義理や面目の立たないことをしている」という前提となる理由の部分が欠け,その家に入りにくい,という結果だけを残して用いられるように,その使い方が変わってきている状況が分かります。

文化庁月報平成23年4月号(No.511)より引用

平成20年の調査というと、今から14年前。

つまり、当時の30歳だった私は「高級過ぎたり,上品過ぎたりして,入りにくい」の意味で「敷居が高い」を解釈してた7割に入っていたことになる。

正しい方を覚えて使うに越したことはない

とはいえ、何度も念押しすると「文章を仕事にする」ことを選んじゃった私ですから、間違った内容のまま直さないと、とんだ赤っ恥を満天下にさらしちゃうわけです。

言葉って時代によって変わるもんで、

「まったく~ない」も明治期には「まったく~だ」という言い方をしていたものが変わり、最近また「まったく~だ」が復活する…という再逆転現象も発生します。

しかし、書き言葉の変化って、話し言葉よりも緩やかだし…なにより、正しい意味を心得ておくことは大事なのは当たり前ですわな。

それにしても、改めて自分の国語力チェックしなきゃいけないなぁ…どこにとんだ勘ちがいが潜んでいるか、ホント分からないもんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
自分はホント、バカでして…
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました