音読500回プロジェクトリターンズ再開!

スポンサーリンク
音読500回プロジェクトリターンズ
スポンサーリンク

中学3年生の新教科書を500回音読する!と始めた『音読500回プロジェクトリターンズ』

年末に関連記事の更新がパタッと止まったのは、音読をしていなかったからであります。

言い訳は色々ありますが、とりあえず年末をじっくり休養に当てて、食っちゃ寝を繰り返したら…今年のプライベートな目標を何にも設定してないことに気づきました。

それなら、現在進行形の『音読500回プロジェクト』をキチンと完結させようと思った次第です。

スポンサーリンク

これまでの反省点

現段階で各課240回の音読を重ねてきました。しかし、11年前にやっていた音読500回に比べて、頭の入り方がイマイチ弱い気がします。

11年前の私は33歳ですから、まだまだ脳みそが若かったというのもあるとは思いますが、

年取ったから英文の入り方が悪いなんてのは、言い訳にならないかと思います。

そこで、といいますか再スタートに当たっては「書く」ことにもっと力を入れようと考えています。

具体的に言えば、ディクテーションや音読筆写といった、音読より手間のかかるトレーニングを多めにしていくということです。

聞きながらや口を動かしながら手を動かす、できるだけ多くの感覚を動員していくと頭への歩留まりがいい、という基本に立ち返ろうと思います。

というわけで、早速再開!!

というわけで、1月2日からトレーニング再開。

近所のジョイフルは、テーブルが広く使いやすいんで今年の「学び初め」には最適であります。

SUNSHINE3 ディクテーション

まずは、手始めにディクテーションから。

ディクテーションは、音声に合わせて文字を書きとるトレーニング。会話部分だと楽勝!といった感じ。ただ、文章の切れる部分をつないじゃったり、!をピリオドで書いちゃったり(この違い、未だに判らん)してます。

まぁ、スペルミスをしない分まだまだ、力はゼロにはなってねーな、とホッとしました。

しかし、長く続く文章になると、書き取りに時間がかかり、そのうちに文章を忘れちゃって…という状態になってしまう。

そうすると、その部分を空欄にしてとりあえず先に進み、全体を聞き終わってからもう一度、その部分を書いていくといった感じでやりました。

そうすると、書けてたと思った場所にもチョイチョイ間違いが出てきます。

ソコも改めて修正をかけ、2,3回聞き直しながら書き取りを続けていきます。

結構間違いが多くて「やっぱり2か月サボった影響」が出てるな、と苦笑い。

その後は音読しながら文章を書きとる音読筆写も行い、音読で仕上げ。

また、歯を磨くように習慣づけるには、1週間くらい時間がかかるかもしれませんが、とりあえず再スタートだと心に誓うブログ主でした。

音読500回プロジェクトリターンズのバックナンバーは↑から

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
音読500回プロジェクトリターンズ
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました