意識高い系が幅を利かせる、午後から夕方の文化放送がつまらない!

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

私、社会人になってから文化放送リスナーを続けているのですが、

最近午後の大竹まことゴールデンラジオ斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI

どーも最近、ひどいのである。

スポンサーリンク

癒しの時間がストレスタイムに!

昔、このあたりの時間帯といえば、

吉田照美御大の『やる気MANMAN』のような、社名の看板に偽りだらけのオフザケ

玉川美沙さんの『たまなび』のようなゆる~いテイスト

忙しい仕事の合間に、たまさかの笑いと癒しを与えてくれるひと時だったんですが、

なんか最近では「政府の行動を監視する」とかやたら厳めしく頭でっかち

しかも、主張がトンチンカンで聞くに堪えないという

大惨状を呈しております。

一般人はコロナ禍で慣れない仕事をしながら、胃が痛くなるほど頑張ってるのに、

昔なら「ばっかでー!」と笑っちゃうような、いい加減な放送を流して

我々宮仕えを慰めてくれた文化放送が、

聞くとさらにイライラが溜まるような、別の意味でバカな放送をしている。

知らないなら黙っとけ!

特にゴールデンラジオの金曜日には、それがとにかく吹き出し

無知なオジイサンとオバサンが10年一日のように進歩のない愚痴を、

リスナーが聞かされることになります。

どちらもひどいけど、特にオジイサンの方がひどくて、コメントの度に

「俺分からないんだけどさ~」と言い訳してから、自分の印象だけでいい加減な話をするんですよ。

…だったら、言わなきゃいいんじゃない?

時代錯誤の発言と、フルボッコに遭ってる森喜朗さんのこと笑えないよ、ホント。

今の発言、ノシつけて返したる!

また、夕方の出演者は「自分がゼッタイ間違ってない!正義だ!」意識が強いのか

非難殺到で逆襲されると、妙にしおらしくなるのも特徴。

斉藤一美さんの木曜コメンテーターの石田純一さんが、沖縄出かけていってコロナに感染し、

非難ごうごうとなっている時は

「人が家に籠っている時に、外に出かけて行って、結果感染」という情状酌量の余地もないくらいに「アウト」であったにも関わらず、

「感染者は悪くない」と自己弁護に徹していたのも失笑しました。

挙句の果てに、舌の根の乾かぬ内に…というか

「日本人はコロナに慣れて気がゆるんでいる」と石田純一さんがいっちょ前に警鐘を鳴らしだす始末で、

「何様だよ!?」とラジオに向かって突っ込んでしまいました。

もうさ、もうちょっとおバカにやろうよ…

とまぁ、頭の悪い人たちが自分のことを棚に上げて、

正義追及ごっこを聞かされる身としては、非常に辛い…。

今の太田編成局長が新人の時のような、おバカ指令をイヤホンで送る「お助けマン」みたいなのが聞きたいんですよ、私は。

スポンサー名を噛みまくり、「ポッスシステムの寺岡精工」「特製春雨マロニー」が最後まで上手に言えなかった

小俣雅子さんみたいなアシスタントを突っ込みながら、ゆるーくやっているのを

なーんで、やめちゃったんかなぁ…

午後3時半くらいに「今日もお仕事お疲れ様~」って穏やかな声を掛けてくれる夕方の番組があったら、私ホントに聞きたいよ。

職場や営業先で神経や心をすり減らし、

たった一人で心和むリラックスタイム?にまで正義ぶったバカな言説でイライラさせられたら、

ホントどうせ一ちゅうねん!と思うのです。

昔の文化放送は「バカだね~」って笑ってられましたが、

今の文化放送の昼~夕方枠は「利口ぶったバカ」。マジでリスナー無くすぞ、このままじゃ!!

まぁ、そんな中、まだ文化放送っぽさを残す…

寺ちゃんこと、寺島尚正アナの『おはよう寺ちゃん』

野村邦丸さんの『くにまるジャパン極』はホント癒されてます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました