3年で体重を15キロ落とした話

スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク

2018年の年明け…僕の体重は80キロに迫る勢いでした。

当時の食生活は

朝、富士そばで天玉そば

昼、爆盛り台湾料理屋で定食

夜、晩酌+締めのラーメン

これを毎日!

休日は近所の山岡家で、朝から辛味噌チャーシュー麺大辛、半ライス付き。もちろん、過去最高記録を日々更新!特に2017年後半はメリメリ体重が増え、お腹周りがパンパンになり、腹囲は当然、メタボ数値です。

腹周りがケツのサイズを超えると、一番太いところにベルトが来るんで、ズルってパンツがずり落ちるんですなぁ。

おデブちゃんがオーバーオールやサスペンダーを愛用してる理由が分かりました。

スポンサーリンク

クロちゃん見てて、危機感を感じ糖質制限へ

ところで、そんな僕がテレビで

安田大サーカスのクロちゃんを見てた時、頭の回路が音を立てて切り替わる思いでした。

クロちゃんがツィッターでご飯を減らした、ヘルシーなものを食べてるとツイートするのですが…

裏に回って外したはずのメシ戻してモリモリ食べたり、日本酒泥酔するまで呑んでる。

なんか豚がエサを貪り食ってる様に見えて、「俺、もしかしたらメシ食ってるときこんな醜いのか?」と急に思い出しました。

それで、これまでの「好きなものを好きなだけ」を改めようと思いました。

それで、まずは食い物を変えようと。

朝は食べないで、行き帰りに片道15分のウォーキング。

昼はサラダチキンとスープ夜の晩酌はとりあえず継続しましたが、

フライドポテトや揚げ物を冷奴や枝豆に、ビールはホッピーに変更。締めのラーメンはワンタンスープに変更しました。

本気でやろうとしたら晩酌はタブーですが、

「とりあえずここからスタートして、必要なことを随時追加していこう」と軽い気持ちで始めました。

そうすると面白いもので、体重落ちるのね。

いつか、岡田斗司夫さんが「デブはデブになる努力をしている」と言ってましたが、

朝と昼、夜と食べ物変えたら、面白いように落ちました。最初は糖質を控えていましたが、これだとまず内蔵脂肪がボンボン燃えるのね。

結果腹周りが大分スッキリしました。

どのくらいかというと、太ってた時のパンツをボタン締めて履いてても、ジャージみたいにズボッと脱げる!!

最近は重量に負けてズボンが落ちるので、ベルトで締めなきゃ履けない状態に。

喜ぶ前に俺、どんだけ太ってたんだ!?と愕然としました。

とはいえ、糖質制限って炭水化物はダメだから逆にカレーとかラーメンが食べたくなってきます。

そんな時はカップヌードルの低糖質なのを食べたり、茹でたブロッコリーにカレーをかけて食べたりしました。

そんな感じで、定期検診を迎えたのですが…

体重と腹周りは前年を下回り、看護婦さんに褒められましたよ。「よく頑張ってますね^_^」ってね。

40になっても褒められるのは嬉しいものです!血液検査の数値もほぼ正常値でした。

今考えると、80キロの時はどんな感じだったんでしょうね?

逆流性食道炎が無くなった

まぁ、そんな感じで10キロ以上体重を落としましたが、見た目の変化より嬉しかったのは…

逆流性食道炎が消えたことですね。ちょくちょく胸焼けしてたのが、今は全然ないんです。

あと、ダッシュをしても脚がつらないこと。

「太るということは、その分の重りを抱えて日々生活すること」というのが身をもって理解できました。

身体が軽いと、ホント楽。

みんなと飲み食いする時はタブーなしで!

で、その後新たな自分ルールを作りまして…

「みんなでご飯を食べる時は、タブーなくなんでも楽しむ」ことにしています。

月に一度は中学の同級生と旧交を温め、イタリアンレストランで飲み会をしていましたが、

ピザとか、パスタとか、美味いじゃないですか?

ダイエットだからって食べないの、もったいない。

だから、会の前後はややキツ目に食べ物を抑えて、当日は会食を目一杯楽しんでいます。二次会で締めのラーメンも食べる時があります。

1人メシが多いから、むちゃくちゃ楽しいんだよね、これが。

コレで70キロくらいまで体重を戻し、

あーあ、中々体重落ちないな(´・ω・`)と思っていました。

コロナ禍で体重低下

で、2020年に入ってからのコロナ禍です。

外食、外飲みがガクッと減り、月一の同窓生との会食も一時中断を余儀なくされました。

自宅での仕事なんてことも増えて、三食自炊なんてことも。

そんな時にYouTubeチャンネルで『マッスルグリル』というものがありまして

フィジークの人や、格闘家が自分でやってる減量食を面白がってやってたら

またまた体重が落ち出しました。

本人はこの間体重を測らず「むしろ運動不足で増えているだろう」

と思っていたのですが夏の検診で体重が落ちててビックリ。

65キロという、久しぶりに見る数値におおっ!となった次第です。

カロリーと食べ応えは別

マッスルグリルを見てて、最近しみじみ思うのですが

カロリーと食べ応えは別なんですよ。

ジャガバードなんか、

満腹まで食べてもカロリーオーバーしない(いやむしろまだ残ってて食傷気味になる)

野菜でたっぷりかさましすると、野菜の旨みも相まって満足感が出る、とか。

何よりマッスルグリルの料理って満足感が高いんです。昔は時折「ラーメンとか、ポテチとか食べたいなぁ」と

猛烈に感じる時があったけどマッスルグリルの料理食べてると、

あんまりそういう欲求が湧かなくなるんですよね。

全くない、とは言いませんが。

糖質抜きとか、単品ダイエットとか、ヘンに食生活を偏らせるより、3大栄養素のバランスをキチンとしてカロリーコントロールしてればいいんだ、

ということが身をもって理解できた、と思ってます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました