知ってるつもりの英単語を英英辞典で引いてみる

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

中学3年生の新教科書『SUNSHINE3』を500回音読する企画を継続しております。

やっと200回を超えてまいりました…これで、目標の40%はクリアです。

スポンサーリンク

200回音読して感じられていること

ここまで繰り返していると起こることと言えば

・音読してて、次のページをめくる前に次の英文が口をついて出てくる

・覚えている自覚はないけど、なんとなく英文を読みながら頭にイメージが湧くようになる

といったところですね。

前者は、体に英文が徐々にしみ込んでいるということでしょうし

後者は、日本語を介して英語を理解するのではなく、英語から直接、意味を取れるようになっているということでしょう

英語のままで単語のイメージをつかむ…英英辞典を引いてみる

そんなわけで、英語のままで英語を組み立てるという時、便利なツールなのが英英辞典。

英和辞典が英語→日本語で解説されるのではなく、英単語が英語で解説されているものです。

大学受験の時、予備校の先生に「ロングマン英英辞典を使いなさい」みたいなことを言ってた方がおられましたが、正直使い方がよく分からなかった。

その後、電子辞書(カシオのエクスワード)を購入したら、この中にロングマンがあったので、

引いて説明を読んでみると、案外面白い。中学校レベルの英単語で意味を説明していて、ああ、そういう風に説明するのか、と妙に納得できるんです。

私個人のお勧めの使い方は、「なんとなく分かった気になる単語を引いてみる」やり方で、今回の音読500回プロジェクトリターンズでも、この方法を使っています。

こんな風に英英辞典を使ってる

例えば、section3ではバスケットボールを扱っています。日本のBリーグやアメリカのNBAにふれた後、バスケットボールができたいきさつや歴史なんかが語られる章です。

この中で arena という英単語が出てきます。アリーナといえば、何となく意味が通じていそうですが、「じゃアリーナってどんな場所なの?説明して!」と言われると、おそらく私、しどろもどろになってしまうと思います。

で、こういう時に英英辞典を引くと、一つ目の意味に

a place with a flat open area in the middle and seats around it where people can watch sports and entertainment

真ん中に平らで開けた領域と、その周りにスポーツやエンターテイメントを楽しむことができる席がある場所(超直訳)

という意味が出てくる。

パフォーマンスを行うスペースと席があるのが前提なんだ、と。なんとなーく arena の絵が頭の中に描けたらしめたもんです。その次に音読するときには、そのイメージをしっかり持ちながら音読していくわけです。

もちろん、いったん引いた内容は、教科書の隅っこにチョコチョコ書き込んでいきます。

音読を繰り返す→疑問点が出る→解決させる→音読を繰り返す

音読をイチから始める時に、ガッチリ細部までイメージを膨らませられたらいいんですけど、面白いことに、回数を重ねるごとに、この手の疑問が小出しに出てきます。

前音読した時もそうだったんですが、疑問が一度に出てくることってホントになくて、何百回も音読してたら「あれ?これはどういう事だろう??」と出てくる→調べて疑問を解決するの繰り返しになります。

私の「音読500回プロジェクトリターンズ」は一見すると、ただひたすら英文を音読するというイメージを持たれる人も多いでしょうが、その中には回数を重ねるごとに気づいた事を調べて「英文の内容をよーくかみ砕いて理解する」という作業も入っています

もちろん、教科書は英英辞典を使わなくても学習は進められます。中学校で英英辞典を引くとは思わないし。

でも、中学校の教材だからといって、「補助する資料も中学生と同じにする」必要はぜーんぜんないんですよ。

使えるものは何でも使い、100%の理解を目指し、あわせて英文をジックリ音読していく。

この辺がコツといえば、コツかなと。

【音読500回プロジェクトリターンズのバックナンバーは↓の画像をクリック】

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました