DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 19編)

スポンサーリンク
DUO3.0英文解説
スポンサーリンク

この記事はDUO3.0の英文で、分かりにくい英文を section ごとに解説していきます。

今回は section 19 の英文を紹介します。この記事をご覧の方で「この英文が分からない!」という方は、コメント欄からリクエストをお願いします。随時更新、追加しますので。

スポンサーリンク

212. “Jane please do me a favor and give me a ride to Times Square.” “I wish I could,but I’m tied up right now.”

I wish I could についてです。この文章はいわゆる「仮定法過去」です。

以前も説明しましたが仮定法は実現不可能な内容を表します。時制は、現在のシチュエーションなら仮定法過去、過去の出来事を仮定するなら過去分詞形に変化します。

この場合も、現在のシチュエーションで「もし私ができたらいいのだけれど(ちょっと無理なんだよね)」という意味が込められているわけですね。

213.As usual Mike turned up on time. He’s very punctual.

何気ない文章ですが、ここで、現在形の基本を抑えちゃいましょう。

He’s very punctual. と現在形を用いることで、彼の時間に対する姿勢が一貫して正確なんだ、ということを示せます。

彼が時間通りにやってくるのも、彼が時間に対して正確なのもいつもそう、ということを表しているわけですね。

216.He recalled that a collision had been avoided by sheer luck.

had been avoided と過去完了形の形を用いていますが、これは完了、継続、経験で表されるものではなく、「過去の過去」である大過去の用法です。

回想している時よりも、衝突を避けたというエピソードがさらに過去だったということです。

219.My rusty Ford broke down, obstructing the intersection.

obstructing the intersection は分詞構文ですね。

書き換えると…

My rusty Ford broke down, and it obstructed the intersection. になります。この it はもちろん、My rusty Ford のことです。

DUO3.0では、文法の解説がほとんどないので、こういった側面からみなおすと、英文の応用が利きやすくなります。

そのほか、DUOの注意ポイントや、弱点などをまとめた『DUO3.0を50周してみた』は学習者の役に立つように書いてみた記事です。ぜひ参考にしてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
DUO3.0英文解説
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました