DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 25編)

DUO3.0英文解説

section25もサクサクやっていきましょう。

 295.All you have to do is fill in the blanks below. (Please print in black or blue ink.)

解説にもあるのですが、文法的には動詞の fill の前に to が入ってます。

不定詞の名詞的用法ってことになりますね。

ここだけ訳すと「下の空欄を書き込むこと」になります。

print という単語はよく印刷するという意味で使いますが、ここではブロック体で書くという意味で使われています(さらに言うと大文字で書く、という通例もあります)

パスポート申請用紙みたいなイメージということですね。

(ちなみに留学生に「筆記体って日本人しか使わないって話があるけどホント?」と聞いたら「そんなことないよ。向こうじゃ普通に使ってる」とのこと)

297.Round-trip fares to each destination are as follows.

Round-trip fare は往復料金という意味です。

ちなみに片道の時はone-way fare なんですが、このone way で思い出すのが、『岳』というマンガで主人公が被っていたこのヘルメットです。

彼の場合は頂上まで一直線(登りきるまで降りねーぞ!)みたいなニュアンスでしょうか。

298.”Don’t forget to confirm your reservation in advance.” “I won’t.”

中学の頃、同級生が良く間違えてたのが

forget(remember) to 不定詞と

forget(remember) 〜ing の違いですね。

不定詞のほうは「これからやること」を忘れる(覚えてる)のに対して、〜ing (動名詞)の方は「過去のした事」を忘れる(覚えてる)という、全然違う意味になります。

あとは返答の I won’t.

和訳だと「ええ」と言っているのになぜ否定形に(won’t はwill not の省略)なるのか?ということに気がつきましたか?

I won’t には続きがあります。それは…forget to confirm your reservation in advance.です。つまり前の文の内容「事前に予約を忘れる」ことはしませんよ、と言ってるわけです。

で、英語は「同じことを2度いう表現を嫌うので、省略しているというわけです。

日本語から英語の意味を考えるとしばしばこんがらがる yes と no の使い分けにも、分かりやすい伝え方がある、ということがご理解いただけると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました