DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 28編)

DUO3.0英文解説

台風19号が猛威を振るっていますが、とりあえず気分を落ち着けるために、DUOの解説をやっていきます。今回は section 28です。

329.Many people regard the current compulsory education system as being obsolete.

regard A as B は「AをBとみなしている」という意味。

ここではAにあたるのが the current compulsory education system であり、

Bにあたるのが being obsolete になります。なぜ being となっているのかというと、前置詞 asに接続するために、be 動詞を動名詞の形にしなきゃいけないからです。

332.”What do you do?” “I’m a college student, a freshman at Harvard.” “What’s your major?” “Philosophy.”

What do you do?は普段やっていることを表します。これは現在形の基本的なニュアンスにそったもので、普段やっていること→職業は?と聞いているわけです。

これが、What are you doing? だと、「今なにをやっているのか?」というニュアンスになります。今の私だと、このブログを書いてること、とかになるわけですね。

あと大学生の学年を表すのに freshman(一年生)sophomore(二年生)junior(三年生)senior(四年生)と表します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました