DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる(section 35編)

DUO3.0英文解説

昨日は臨時で出勤した。そして振替で今日がお休みに。

どうも身体の調子が乗らないので、DUOの英文を解説していきます。

422. We should appeal to reason instead of resorting to violence.

この文章だと

これは、 appeal to reason と resort to violence を比べて appeal to reasonすべきだという形になっています。

ちなみに、なぜresorting to violence と動名詞の形になるかというと、直前の instead of があるから。前置詞の後は名詞が入るので、動詞が名詞化、つまり動名詞になるわけです。

423. I suggest we adopt flexible tactics for the moment.

この文章は主節は I suggest です。後は提案した内容です。

I suggest (that) we adopt flexible tactics for the moment.

とthat が入る形になると分かりやすいかと思います。

そして suggest や insist 、advise などの「要求や提案」の動詞が使われている場合 that 節の中の動詞(ここでは adopt)は、現在形になります。

これを「仮定法現在」と言います。

また、イギリスだと、adopt の前にshould を入れることもあります。

427. Under the reign of tyranny, innocent people were deprived of there citizenship.

さて、この文章は主節は

innocent people were deprived of there citizenship です。

主語が innocent people で、動詞は were deprived です。

Under the reign of tyrannyにも、reign と tyranny という名詞が入ってはいますが…

どちらも前置詞が付いているので主語にはなりません。これは鉄則中の鉄則です。イロハのイ、というヤツです。

訳さえ読めばそんなことは簡単にわかりますが、ちゃんと文法的な解釈もできると未知の文章でもきちんと読めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました