DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 7編)

DUO3.0英文解説

少しずつ、読みにくい英文を解説していきます。今回はsection 7。例によって、ご指摘いただければ、解説する英文を随時追加、更新します。

76.The chairman cut me off, saying, “Time to wind things up. Let’s take a vote.”

saying は、皆様おなじみの分詞構文です。これは and he said に置き換え可能です。

(It is) Time to wind things up. は一見文章に必要な主語と動詞が見当たりませんがカッコで示したようにit is が省略されています。

80.Could you go over it again? I couldn’t make out what you are getting at.

Could you 〜は「〜していただけませんか?」とお願いする表現です。

かなり丁寧なニュアンスで、よりカジュアルな表現にCan you 〜「〜してくれない?」があります。

what は後ろの節を受けている関係代名詞で「〜すること」と訳します。

91.Without your solid support, the deal would have fallen through. I’m grateful to you.

分詞構文と並ぶ高校文法の難関、仮定法過去完了が使われています。

仮定法は、「(実際にはありえないが)もし〜なら…だろう」という意味を表す時に使います。

もし〜に、当たる部分はWithout your solid support 「あなたの強固な支持がなかったら」になり、

…だろうの部分はthe deal would have fallen through. 「その取引は成立しなかっただろう」となります。

ちなみに仮定法では現在のことは、過去形で表し、過去のことは過去完了形を用います。the deal〜は仮定法過去完了形、

つまり過去の出来事の仮定ということです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったらコメントや下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました