DUO3.0の読みにくい英文を解説してみる (section 8編)

DUO3.0英文解説

DUOの英文解説もsection8まで進みました。

それにしても、DUOの英文は分詞構文を多用していますね。section8もやっぱり、分詞構文の話が出てきます。高校の時には、「ネイティヴは分詞構文を使わない」という俗説を聞きましたが、ご覧のとおりでよく出てきます。

分詞構文に限らず、文法事項になれるには、意味を意識しながら例文を音読することが有効なのかなぁと。文法書に書いてある日本語の解説を丸暗記してもあまり役に立つとは思えません(まったく無駄とは断言できませんが)。

実例を音読で取り込んで、例文を通して文法事項を「こういう時に、こう使う」とセットで覚える方が結果的に英語の感覚に慣れる一助になると思います。

94.The plane blew up and plunged into the ocean, killing all the people on board.

↑出ました!この文章も分詞構文です。

用法は「結果」ですね。飛行機が爆発して、海に突っ込んだ。「その結果」搭乗していたすべての人が死んだ、という意味です。

一応書き直すと…

The plane blew up and plunged into the ocean,and (it) killed all the people on board.

になります。カッコの中のit が表すのは、The plane です。

ところで、なぜココが分詞構文になるか、という考察ですが、色々考えたところ、その前に

blew up and plunged という風に、and を使っているからなんじゃないでしょうか?英語というのは表現や単語の重複を嫌うので…

あと英語らしいのは、「搭乗者が全員死んだ」というのを、主語はthe plane のままで(飛行機が)全ての搭乗者を殺した、と表現するところですね。

95.They are working around the clock looking into the cause of the crush.

↑これも分詞構文ですね。

They are working around the clock (and they are) looking into the cause of the crush.を面倒くさいからカッコ内を省略した、といったところでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました