『ズッコケ3人組』の作者に学ぶ文章力の鍛え方

雑談

「上手な文章が書けない!」という悩みを持っている人は多いですね。

私は年中文章を書く仕事をしているのですが、昔から「よくこんな分かりやすい文章を書けるよね」という言葉をかけられることが多かったです。

自分では才能とは思ったこともなく(だって気がついていたらそうなってたから)コツというものをどうやって養ったか、というのは経験上、「本を読んだ」「新聞の一面コラムや社説を手で筆写した」くらいしか思い浮かばないんです。

『ズッコケ3人組』シリーズの作者が話す小説修行術

私よりももっと上手な人が「文章の書き方」を教えてくれないかなぁ、とずーっと考えていました。

意識のアンテナを張っておくと、また上手いこと情報が引っかかってくるものです。

2019年9月13日の文化放送『くにまるジャパン極』で那須正幹さんが出ておられていたんですよね。

この方、『ズッコケ3人組シリーズ』をはじめとして、作家としておう盛な活動をされている方です。

番組パーソナリティの代打として出ておられた福井謙二さんが、小説を書きたいという夢を持っていることから「どうしたら小説が書けるか?」という話に転がりました。

お、と思って耳を傾けていると…

①日記を付ける

②手書きで手紙を書く

③好きな作家の短編を書き写す

④書き始めたら、話が変わってもいいから最後まで書く

の4つを挙げておられて、なるほどなぁと感心しました。

蛇足になるかもですが、私なりの解釈を付けておきます。

①日記を付ける

まずは日記から。那須さんは「日々起こる出来事に自分がどう考えているのか」を知ることに繋がるという言い方をされていました。

人間の頭って記憶を文章にしてません。もっとモヤモヤしたイメージで頭の中に収めてあります。

作家という職業は頭の中で思い描いたイメージを文字という形に落とし込むのがお仕事ですから、日記の形で毎日その作業を行うことが、基本的なトレーニングとして有効だと言えます。

②手書きで手紙を書く

①に似ていますが日記が非公開であるのに対し、手紙はその内容を必ずだれかが読むという所に特徴があります。

誰かに読まれる前提の文章って結構、力が入るんですよね。その分だけ、文章力を鍛えるのにもってこいなんだと思います。

普通、人に読んでもらう文章を書くという機会は手紙でなければ中々得られません。

メールは?

というと、大抵の場合、文章の体裁からは大分崩れてしまうので、適していないと思います。

また、ワープロソフトではなく、手書きというのもミソです。人によっては何回も書き直すという事も考えてワープロがいい、と思うでしょうが、手書きの原稿を何回も手直しをすれば必ず書いた過程が残ります。

また、直した手紙をそのまま送るとは考えられないので、改めて清書もします。

それがまた、内容を練るのにいい間を与えてくれると思います。

③好きな作家の短編を書き写す

那須さんは番組で、「好きな作家の短編を丸々書き写すとその文体を身につけられる」という話をしていました。

これは私も経験があるのですが、文章って「音のリズム」がいい方が読みやすい。声に出さなくても、読んだ時にリズムの良さは分かります。

昔立川談春さんの『赤めだか』を書き写した時なんて滑らかな、磨き抜かれた文章だろうってホレボレしました。

好きな作家、というのも大事かなと思います。好き嫌いに理屈は必要ないので。

④書き始めたら、話が変わってもいいから最後まで書く

昔、小説もどきを書いたことがありましたが、完結したことは一度もありません。

だから、この話を聞いた時はなるほどなぁ…って思いました。とりあえず筋が破綻しても話が変わっても最後まで書く。

一旦形になれば直せるけど、形にしないと手の入れようがないという意味でしょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました