私の「数学アレルギー」治療記

勉強のコツ

この記事では、高校以来ずっと続いてきた数学アレルギーについて書きます。

高校で、迷路に迷い込んでから、中々克服出来できませんでした。

教科書レベル攻略を諦めて、

でも、いいアプローチ無いかなと探してたら社会人向けの本で徐々にイメージがつかめてきて、

今は本を読んでいこうと思える程度には治りました。

なんとなーく、数学が苦手という人でも、なんとなーく知りたい、って願望がある人にオススメです。

数学アレルギーが治らない!!

私は、数学アレルギーがあります。

中学生の時は、そんなに苦手意識がなかったんだけど

高校以降に、基礎解析だ代数幾何だ微分積分だとどんどんきて、ギブアップ。

結局、私立文系に進学しました。

だけど、行った先が政治経済学部で、マクロ経済学を勉強する時、微分方程式が分からないから、ホント後悔しました。

それを、ずーっと引っ張っていましたが

な〜んとか、数学と仲直りしたい。これが長年の夢でした。

思うだけでなく、色々参考書も買ってみましたし、社会人向けのブルーバックスのやり直し教科書なんかもチャレンジしました。

だけど、やってもやっても深い森に分け入る感覚で、ここはどこだか、そもそも私は誰なんだか…って状態は変わりませんでした。

求めたら、いい本に巡り合う

そんなモヤモヤをずーっと続けたからかな。数学の神様(そんなのいるんかね…)あたりが『これならどうだ!』と言ったのかどうなのか…面白い本にぶち当たった。

本を読んで、数学が難しいと感じることの一つに「これが何の役に立つのか?」があると思う。

著者の西成さんは、数学を役に立たせるために、交通渋滞に着目して数学を使って研究したユニークな人でした。

そんな人の本だから読み始めて、どんどん引き込まれていき、

…正直最初は、難しいなと思ったけど、もっと大雑把に数学の基本的なところを「イメージ」で伝えてくれるので何とかついていけました。

で、ガマンしてとにかく読み続けていくとどんどん面白くなっていったんです。

「理系のアプローチが直感」だと知ってビックリ!

この本を読んでいて、私が勘違いしていたことは、「理系って、最初のアプローチは直感なんだな」ってこと。

特に三角関数(これも概念から分からんかった)。

ユラユラしてるよね〜

なんて言われて、読んでいくうちに「ガチガチの理屈責めだと思ったら、そんなイメージから始めるのか!?」とビックリしました。

でも、このアプローチから行ったら

「なんでマクロ経済学の数式は文字ばかりで数値がないのか?」とか理解できましたね。

イメージで攻めると数学って面白い!!

話はちょっとズレるけど、英語を勉強してた時似た経験をしたんですよ。

高校以降の英文法って、当時は「六法全書」みたいなモンで、一条一条全部丸暗記しなきゃダメなんかと思ってました。

このケースなら、こう!って理詰めで一つ一つ覚えた。

ただ、このやり方だと、ドンドン忘れるんですよ。悲しいくらいに。

でも、後で中学生レベルの英文法を文章ごとしつこい位に追っかけると、高校以降の内容はイメージでどうにかなることが分かった。

今の英文法イメージは、本で例えると「中学生レベルの英文法は本でいうと見出しで、高校以降は本文」なんですね。

中学英文法を実例付きで理解してから、

高校レベルの総合英語(今は英文法をそういうらしい)を読むと、スンナリ理解出来るんです。

それが数学でもいける!それがこの本最大の収穫でした。

それからは結構、数学の本を読むようになりました。

学校で教えるようなのは全然だけど

フェルマーの最終定理やポアンカレ予想のドキュメンタリーとか、

高橋洋一さんの『武器になる数学アタマの作り方』とかを読むようになって、

「受験の時に散々世話になった偏差値ってこういうことだったのか!?」とか理解出来るようにはなりましたね。

で、思ったのは「分かるようになるのって面白い」ということです。

コレはいくつになっても感じられるのだと、実感しました

参考図書

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったらコメントや下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました