私の鉄板土産『いなまちーず』の作っている所を見せてもらった!!

地元の「スゴい人」に聞いてみた

私の地元、埼玉県伊奈町に知る人ぞ知る美味しい洋菓子店があります。

その名は『ケーキの店 ドルチェ』。

私、人にお土産を持っていくとき、ここの一口チーズケーキ『いなまちーず』を手土産にしていくことが多いんです。

巨峰といちごの2種類があるよ!!

理由は「日持ちがして、美味しい。一人ひとりがちょっとつまむのに最高」だから。

子どもから大人までみんな「美味しい美味しい」と喜んでもらえるんで、なんかある時は人数分よりちょっと多めに持っていきます。

で、先日。オーナーの南雲さんと談笑してた時に厚かましくも

「いなまちーず作っているとこ見せて下さい!」とお願いしたら…

「いーよいーよ!おいで!!」と快諾。

休みの今日、愛車のミラジーノでとことこ行ってきました。

テンポよく、160個に生地を流し入れる

お客さんが一区切りついた午後にお邪魔すると、いなまちーずの関門、いなまちーずの生地の流し込み作業のところでした。

リズムよく、同じ量の生地を流し込んでいく手さばきはまさに職人芸。動画で撮っておけばよかった…

オーブンに収めるのは160個。

生地は途中でへたらないように、卵白の泡立て方に工夫が必要なんだとか。

そのため、普通の5倍の時間と手間がかかるそうなんです。

しかも、生地は空気を含んでいるので、グズグズしてるとダメになる。

だからこの作業中は店に立たずに、この作業だけに没頭するそうです。

南雲さんは目の前にあるタルト皿に、生地をリズムよく絞り出していきます。

160個のタルト皿に、ものの5分もかからず、生地を絞り出す様子に

「職人の仕事やぁ!!」と大興奮!!!

で、絞り出したあとはすかさず温めていたオーブンにこの4枚の鉄皿を収めていきました。

いなまちーず誕生秘話

焼きあがるまでの40分、南雲さんに話を聞きました。

私「いなまちーずって何でできたんですか?」

南雲さん(以下南)「イベントの2か月前にね『地元の物産を使ったB級グルメイベントに参加しないか?』って聞かれたときにひらめいたの。『ウチのベイクドチーズに巨峰のジャムを合わせたら美味しいぞ』って…

すぐに、巨峰を買って来てジャムから作ってね、構想一瞬であっという間に出来た(笑)」

私「随分あっさりと(笑)」

南「うん、お菓子ってバランス、組み合わせだからね。普段から色々なパターン考えてるから。ジャムの味は濃いめに仕上げよう、とかその味を楽しむにはチーズケーキのサイズをプレーンのものより心持ち小さめにした方がいい…その方がしつこくなく食べられるとか頭の中で考えて、一発(笑)」

私「イベント当日はどうでした?」

南「3000個売れたんだけど、5票差で2位だった(苦笑)でも名前を知ってもらえたし、お店にも新しいお客さんが来たり、地元の「伊奈」の名前の付いたお菓子ってことで喜ばれたしね。作って良かったと思うよ」

私「これ便利なんですよね。年齢、性別を選ばず喜ばれるから。コーヒー飲みながら軽くつまむと美味しいし…私甘いものそんな好きじゃないけど、ここのお菓子だったら抵抗感なく食べられる」

南「そういう塩梅まで計算に入れてるわけ」

…と話しているうちに、さっとオーブンを開けて

てばやく前後を入れ替える。

「焼きむらが出来ないようにだよ~!」と南雲さん。

そこからさらにお菓子談義で盛り上がって…

「時間だ!」オーブンからいなまちーずを取り出す。

おー!お見事!!

スンゲー美味しそう!!

手作りじゃなきゃ、作れないんだよ

ちなみにこの、いなまちーず…

1個100円!!安すぎだろ!!!

でもアイデアパクられたりしないのかな…。

南「無理だよ。これだけの内容になると、工場じゃムラが出て上手くいかない」

私「製造するときの気温や湿度を均一にしたり…」

南「添加物いっぱい入れたりしないと、ね。でも、添加物って味に影響すると思うよ」

なるほど、長年の経験と腕があればこそ!なわけか。

箱詰めも出来ますよ(箱代は別料金です)

南雲さん、代わりの土産物ないのでずーっと「いなまちーず」作ってくださいね。

よろしくお願いします!!

Infomation

ケーキの店 ドルチェ

埼玉県北足立郡伊奈町寿3丁目124

火曜~日曜 ・祝日
10:00~19:00
月曜定休(祝日は翌日)
お問い合わせ 048-728-1738

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました