本格的に上皇・上皇后陛下関連の書籍を読み始める

スポンサーリンク
皇室
スポンサーリンク

ブログの記事を執筆し、Twitterで反響をうかがうと

「あなたのブログで昭和天皇という人物がとてもよく理解できた」という声が

存外に多くて、嬉しいです。

その一方で「上皇陛下や上皇后陛下、今の天皇皇后両陛下もぜひ、エピソードを書いてほしい」という声もまた多いんですね。

平成に入ると、皇室関連の出版も実に幅広く、多くの点数が出版されるようになり、

そういう意味では「資料が多くて大変ありがたい」と言えなくもないですが、昭和天皇の時のように

ある程度読んでから「頭の中に浮かび上がったテーマを書く」形の書き方だと、ちょっと時間がかかり過ぎる。

そこで本と違って「いつでも加筆修正が可能」なブログの特性を活かして

まずは、昭和天皇関連で見つけてきた手持ちのエピソードで器を作り、さらに他の本を読みながら、新しく書き足すことでエピソードを補強するやり方に切り替えようと考え、

第一弾として、この記事の前日に『上皇陛下のほのぼのエピソード集』として器を作りました。

とはいえ、上皇陛下の手持ちのエピソードは質量ともに、

昭和天皇のレベルにはマダマダいっていないので、

先日地元の図書館で関連書籍を漁って参りました。

今回は工藤美代子さんの本が2冊見つかりました。

この方は、本当に読んでいて楽しい。笹川良一について書いた『悪名の棺』は実に興味深く拝読しましたしね。

あれだけじっくり対象を深堀りして書けるなら、今回選んだ『母宮 貞明皇后とその時代』と『ジミーと呼ばれた日』の2冊もかなり期待が持てそうです。

上皇陛下のエピソードに、祖母に当たる貞明皇后の本をなぜ読むのか?と言われるかもしれませんが

これが意外とあったりします。それに加えて、大正天皇妃の貞明皇后のエピソードも探していますし、私にとっては「1冊で2度美味しい」を狙っています。

また、『ジミー~』は戦後上皇陛下の教育係となったエリザベス・ヴァイニング夫人について書かれています。

上皇陛下は歴代で初めて、夫婦で子育てに取り組むことになった皇太子なので、

その前にアメリカ式の教育を施したヴァイニング夫人の存在も、決して小さくはないだろう、と思っていました。

『祈りの旅』は朝日新聞出版社の本で、主に平成の被災地訪問にフォーカスを当てている本ですね。

朝日新聞というと、とある向きでは、非常に評判が悪いわけですが、

実は皇室関連の書籍なんかでは、朝日新聞出版社が造った本が結構信頼性が高かったりします。

以前紹介した入江相政侍従長の『天皇さまの還暦』も、この朝日新聞出版社です。

この3冊から手始めに徐々に全体像を作り上げていって

それが昭和天皇の知識とリンクし、いずれは当ブログの大きな幹に育ってくれたら、ブログ主としては面白いなぁと思っています。

【関連書籍】

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
皇室
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました