大宮市場前のゆで太郎に併設された『もつ次郎』に行ってみた

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

先日…土曜日に出勤が決まりました。

ちょっと休日モードに入りかかっていたせいもあり、出勤当日になってもエンジンがかからない。

でも、ちょっと気合を入れるべぇ、とガッツが付くものを食べました。

それは、「もつ煮込み」!

英語の gut は腸のこと!

中華料理でも「調子の悪い時は、悪いところを食べると調子が良くなる」

というではないか!?

そんなわけで、ずーーっと気になっていた大宮市場のそばにある

ゆで太郎に併設された新店?「もつ次郎」に行ってみた次第です。

スポンサーリンク

実際に行ってみた…

店内は仕切りがなく、ゆで太郎、もつ次郎両方の券売機が並んでいまして、

飲食スペースは「ゆで太郎」と共用。

で、どうやって提供しているのか、ちょっと見ると

カウンターにモツが一食づつ容器に入れられ、注文を受けるとスープで軽く煮て提供する様子でした。

で、食券を出して、5分程でもつ煮が提供される、と。

ちなみにコチラ、デフォの「もつ煮定食」(680円)。

ごはん、みそ汁、小鉢(高菜漬け)、そしてメインのもつ煮込み。

もつ煮は味噌味ですな。構成はシンプルイズベスト、ですね。

ご飯は普通盛りですが、無料で大盛りにもできるようです。

ついいつもの調子で七味をガッツリかけてしまったのですが、

実は専用のすりだねがあることに気づかなかった…まぁ七味でも、極端に味が変わることないだろう、とそのまま頂くことにしました。

これは、美味しい方のもつ煮込み!

正直、ゆで太郎はよく行くし大好きなんですが、

もつは味付けが甘すぎるのが好きじゃないんですよ。

だから「山田うどん食堂」はやや甘めに炊いてあるんで、こちらはあまり好きじゃない。

しかし、ここのもつ煮込みは、あんまり甘さが主張しないで、むしろ味噌味が勝ってる感じ。

この味付け、好きだな~。

あと、もつ煮込みに豚もつだけ、というのも特色かな。

個人的にはダイコン、ニンジン、ゴボウがガッツリ入った煮込みが好みなんだけど

これはこれで、スッキリしていて美味しい。

もしかしたら、もつを煮込むスープに野菜をタップリいれて煮込んでいるのかなぁ…

そこまで、「もつ」を前面に押し出している煮込みですから

もつが臭かったり、硬かったりしたら目も当てられません。

しかし「もつ次郎」は臭いもなく、柔らかく煮えていてこれも合格点でした!

食べるなら「ご飯大盛り」にしたいよね、これ!

ただ、自分のオーダーで失敗したことが、一つ。

モツを食べ、高菜をつまみ、ご飯を食べているうちに

並盛のご飯では、ご飯の量が足りなくなってきたこと。

このままでは、ご飯を食べつくし、

お店推奨の「もつのスープをご飯にかけて食べる」が出来なくなってしまうではないか!?

そんなわけで、ちょっと早いけど、ごはんにもつ煮をぶっかけて…と。

これをガッとかきこむと、これがちょうどいいスープの濃さ。

なるほど、ご飯を腹いっぱい食べるための、もつ煮の味の濃さなのね!

一気にかきこんで、ごっそさん!

提供時間も早いし、ガッと食べてサッと帰れるのも便利だね。

飲みに来たいが…

とまぁ、試食してみたんですが、心持ち良く売ってる「もつ煮こみ」よりも

若干塩辛くて、そこがまた私の好みの味付けだったりします。

そして、私としてはぜひ、コレをアテにして一杯やりたい!

持ち帰りのもつ煮パックがあるようなんで、コイツを買って帰って

飲み会でもやろうかしら…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました