朝飯を納豆ごはんにしたら、徐々に体が上向きになったっぽい

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

最近、岡田斗司夫さんの「悩む前にコメを食え!」という教えに得心し

朝ごはんをキチンと食べるようになったブログ主。

ご飯を炊いて、朝飯をキチンと腹に収めることで、何となくこれまで落ち込みがちのメンタルが

徐々に上向いてきました。

最近はスーパーで3パック48円とかで売ってる、納豆を買っておいて、毎朝納豆ごはんにして食べてます。

偶然始めたのですが、以前やった卵かけご飯よりも、体の調子がいいんで、

その理由をつらつら考えたいと思います。

スポンサーリンク

お腹の具合が改善!

納豆ごはんを食べる前って、朝起きると大きい方がほとんど水で

どす黒い色したのしか出てませんでした。

それが、1週間くらい経ってから、朝のお通じがしっかり出るようになってきました。

納豆って、水溶性の食物繊維が豊富で、しかも納豆菌は腸内の善玉菌の餌になるんです。

で、メンタルって結構腸の調子に左右されているらしい。

そのせいか心にも少し、余裕が出てきたみたいです。

午後の倦怠感がかなり解消された

納豆ごはんって、簡単だけど割と腹持ちがいいんですよね。

さっきも言ったけど水溶性の食物繊維を含んでいるから、タダのごはんよりも、GI値が低い。

だから血糖値の上昇も穏やかで、体に負担がかからないでガソリンに変わっていくみたい

【参考記事】

納豆が食後血糖値の上昇を抑制│健康情報│ミツカングループ
成人の約6.4人にひとりが糖尿病患者もしくは糖尿病予備軍とされる現代日本において、血糖値のコントロールは多くの人々の重大な関心事となっています。

以前はお昼にご飯を食べると(そんなにドカ食いしなくても)、午後の3時くらいに来る猛烈な倦怠感にウンザリしていました。

それって、朝ごはんを抜いて、地の底をはいずっていた血糖値が、昼飯で急上昇して

インスリンがドバっと分泌されることによっておこる「血糖値スパイク」だったみたいです。

納豆ごはんを朝食べるようになってから、それも解消されて、なんとなく1日、乗り切れている感じがします。

手軽に味変が出来て楽しい

納豆って、そんなに飽きない味なんですが、

昔祖父がやっていた「漬物を刻んだものを納豆に混ぜる」を自分でもやるようにしてます。

ウチの祖父がやっていたのは自家製の野沢菜漬けで、ちょい漬かりすぎくらいの酸っぱいのを刻んで混ぜると、

古漬け特有の酸味が程よく抑えられるし、たれを入れないでいると塩分の取り過ぎも抑制できる

もっとも、市販の漬物に漬かり過ぎた古漬けなんてほとんどないですから

フツーの漬物を混ぜるわけなんですが、これが本当に美味しい。

卵かけご飯も一時、試したことがあるのですが、どうしてもアレは単調になりがちです。

納豆ごはんは、というと混ぜるものでいろいろ味にバラエティが出てくる。

別の日には、山形の「だし」というのを店頭で見つけて、納豆に混ぜてみたら、これがさわやかで美味しいですし、

キムチなんかも、本当に美味しい。

私、味噌汁も作らず、炊いたご飯に納豆ぶっかけて食べるだけですが、

こういった「何かを混ぜる」と風味が変わって毎日でも飽きないという寸法です

朝ごはんを食べ始めたら、体重減に

ご飯は炭水化物の塊だから、太ると敬遠される向きがあると思うので、

一応自分の結果を申し上げます。

「朝ごはんに納豆ごはん」で体重がすこーしずつ減り始めました。

思うんですけど、これまでは朝を抜いて昼を食べるということで

身体が自己代謝を落として、残りを脂肪に回すモードに入っていたんでしょうね。

それが、朝にたかが納豆ごはんを食べることで、安心して省エネモードを脱して、本来あるべき活動力を取り戻し始めたのでしょう。

もちろん、夕食なんかに炭水化物を取り過ぎると、その後の時間で消費しないなら、体脂肪として蓄えられることもありますから

軽めがいい、といいますよね。

ただ、朝はむしろ、体脂肪燃焼モードに持ってくための「焚きつけ」は必要だから

1/2合くらいの納豆ごはんはそれにピッタリハマっている気がします。

朝ごはんを食べる習慣のない人にも超簡単!

前日に炊飯器にご飯たいて、パックの中で納豆混ぜてぶっかけるという

超簡単な段取りで飯が食える!というのもありがたいですよね。

最近は炊飯器持ってない人もいるみたいだけど、

それこそ、最近はレンジで温めれば食べられる「サトウのごはん」もあるし、面倒な人はコレを買えばいい。

朝食抜きで最近、どうも心身共に元気がない、という人は

納豆ごはんは安くて、簡単に実践できるんで、チャレンジしてみてはいかがですか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました