小学生時代の愛読書?人間渋沢栄一を読みなおす

スポンサーリンク
マンガ
スポンサーリンク

先日、BOOK・OFFを見回っていたら、「おおっ!!」という一冊を発見しました。私が小学生の時に読んでいた学習まんが『人間渋沢栄一』です。

まだ、大河ドラマの主人公なんて話は微塵もないし、一万円札に福沢諭吉の肖像画が使われだした頃の話ですよ。

渋沢栄一って誰?というころに、なぜかウチにあったこのマンガを夢中になって読みました(マンガだから)。

その本が、今目の前にある。値札を見ると220円!!

ソッコー買いましたわ!

スポンサーリンク

『人間渋沢栄一』は幕末~明治の痛快歴史マンガ

このマンガは渋沢資料館監修だけあって、歴史的な事実をもとに

マンガ家の矢野功さんが書いた歴史マンガを中心に、子どもにも渋沢栄一が学べるようにとまとめた一冊です。

渋沢は今の埼玉県深谷市に豪農の息子として生まれ、

幕末の空気にかぶれて、尊王攘夷活動に身を投じようとします。

しかし、計画していた横浜焼き討ち計画は未遂に終わり

たまたま知遇を得た一橋慶喜に仕えることになり、仕事をバリバリこなして慶喜の弟に同行してフランスに渡り、資本主義システムを勉強して帰国

日本の近代化に尽力しました。

身体は小さいが負けん気が強く、文武両道で時代の荒波に体当たりで挑んでいく

渋沢の波瀾万丈な半生を、豊富なエピソードや交友を持った歴史人物、歴史的な出来事をちりばめながら痛快に描いたのが、このマンガです。

約35年後に読みなおしてみたら…

小学生から約、35年ぶりに再読したのですが…いやぁ、改めて面白いですね。

で、大人が読んでも「なるほど!」と思うくらい、情報量が豊富でした。とりあえず「一万円札の顔になる人」という知識しかなくても、十二分な情報を得ることが出来ます。

ただ、35年前は幕末の疾風怒濤の青春時代が面白かったですが、

今は明治時代になってから、どうやって近代国家を作るかという「経済」の話がめっぽう面白かったです。

マンガパートの後には年譜はもちろん、その後の栄一がどのような活動を行ったかが、資料と文章でまとめられており、

今読みなおしても、これだけまとまっている本は、珍しいのではなかろうかと思います。

巻末の解説はオトナが読んでも簡潔に事績を理解できるし、漢字に全部ルビを振ってあるので

子どもでもがんばれば読めると思います。

個人的には、艶福家でもあり、晩年に愛人との間に子どもをもうけ

「『論語とソロバン』で良かったですわね~。聖書とソロバンじゃ、『なんじ姦淫するなかれ』で

さぞかし具合が悪いでしょうから」と奥さまからお小言をもらっていた

「人間渋沢栄一」も嫌いではないですが(苦笑)

あくまで学習まんがですからね、その辺はR18ですよね。

ぜひ、復刻して欲しい一冊

この本、渋沢栄一記念財団のホームページで販売されていたんですが、

残念ながら現在は品切れになっています。

今回久しぶりに読みなおしてみて、本当に面白かったし、図書館や古本屋で見かけたらぜひ、読んでみてください。

それに、いつまでも品切れではアレなんで、ぜひ復刻して欲しい。

1時間ちょっとで面白く読めて、ためになる一冊です。

【関連記事】

新一万円札、大河ドラマ『青天を衝け』の主人公としても注目!!渋沢栄一出身地の記念館に行ってみた
新一万円札の顔が渋沢栄一と発表されたので、深谷の渋沢栄一記念館を訪ね、ついでに、彼の好物で地元グルメの煮ぼうとうを堪能してきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
マンガ読書メモ
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました