しくじり英語学習法⑦~手作り単語帳編

しくじり英語学習法〜俺みたいにやるな!〜

自分の英語学習の失敗談を披露して、みんなに笑ってもらう形で過去の愚行を成仏させようという『しくじり英語学習法シリーズ』も早くも第7弾!

今回は、大体真面目な奴が作っては使いきれずに死蔵する

手作りの単語帳を紹介します。

私も大好きだったんですよ、コレ。あらゆる形を試しました。

だから何段階かに分けて説明しますね。

1.皆様お馴染み、リングで閉じる暗記カード編

中学校に上がると、暗記する量が多くなりますよね。

そんなわけで、私も作りました。ちっちゃなボール紙に穴が開いててそれをデカめのリングに通す暗記カードです。

写真はイメージです。こんな感じの暗記カード、一回くらいは誰でも作った経験、ありますよね。

これって、作ってると結構楽しいんですよ。一綴り100枚くらいにガーっと書いてると、

いかにも「勉強してる感」しますよね。

で、一綴りできると達成感なんかもあったりして…

ただ、これがね…使わないんですよ。作っただけで満足しちゃって。

もちろんですが、カードに一回書いただけでスペルが覚えられる天才ではないですし、何回やってもあんまり手応えないしで、だんだん飽きる。

飽きると、また新しいカードを一綴り。

今の私がいたら「お前がやりたいのは、単語を覚えたいんか?それともカードを作ることなんか?」っていいそうですね。

しくじり①カード作りが自己目的化した

2.リングノート型単語帳編

その後、マメな女の子(できると言ってないことに注意)が使ってたんでリングノート型の単語帳に興味を持ち、使ってみました。

これは、単語と意味だけでなく、発音記号も入れた気がする。

こういったポケットサイズの小道具って、作るの面白いんだよね。で、シケシケ書き込んだりするんだけど…相変わらず使わない。

どうも、こういったものは、作る楽しさに没頭して、本来の目的を忘れてしまうきらいが私にはあるらしい。しかも、こういうのを書く時って、もんの凄く丁寧に書く。

で、ボールペンで書くから、間違えると修正液で直す。

液が乾く間は放置しなきゃいけないから、その間はジーっと待ってる。

今の私がいたら、「ボーっとしている間に単語の一つでも覚えたら?」と皮肉の一つでも言いたくなる。

さらに、こういった単語帳だと、たいてい単語だけ書くから、文章構造でどう使われるか、までは思いが至らない。非常に使い勝手の悪い一冊を膨大な時間をかけて自作。

世間では、これを無駄な努力といいます

しくじり②単語だけ覚えても使い物にならない。文章やフレーズごとで把握しないと結局二度手間。

3.京大カード編

細かい情報や例文なども盛り込めるとなると、一枚の大きさがそれなりにタップリとしていた方がいい!そんなわけで、愛用したのが京大カード。

やや硬めの紙質で、ノートのような罫が引いてある。

これも何百枚も作りました。サイズがB6だから確かに使いやすい。

1枚、1項目と決めて単語の情報書けるしね。で、当時はTOEICの勉強をしてたから、これをビニールのカバーに100枚入れて持ち歩き、満員電車の中で、シャッシャカ目を通していたわけですよ。

まぁ、覚えられませんわな…黙読だけじゃ。

だって、使うの目と頭だけでしょ?

あとで、音読やって分かったけど、音読やると、目、クチ、耳を使っていろんな感覚を刺激するから歩留まりがいいんですよ。

第一カードをじーーーーーーっと見ているだけで覚えられるなら、

●●万円(額が覚えていないけど、たしか二けた)の記憶法講座なんか、無駄に受講するか?

どんだけ思考がピンボケしてるんだ?

とハリセンでぶったたきたくなる。

しくじり③たとえ文章にしても、声に出して読まないと記憶の歩留まりがめっちゃ悪くなる。後で発音も学びなおさなきゃいけなくなり、二度手間、三度手間。

そして、しくじり④自分で書いても時間の無駄だから、さっさとDUO3.0買って、例文を音読練習しとけば良かった。

まぁ、自作というのは、自分で作るがゆえに意味のあまりないことにこだわりすぎる。

結局書き写すってものすごい時間がかかるけど、大事なのって知識を頭の中に入れること

手づくりだからスゴイ、とか既製品を使ったからダメだなんて、誰も気にしないし。

過去のしくじり英語学習法のバックナンバーはこちらから。

しくじり学習法、まだまだ続くよ~!次はこちらから。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

  1. […] 次回に続く→コチラから。 […]

タイトルとURLをコピーしました