『しくじり企業シリーズ』で面白く経済史をお勉強しよう!

スポンサーリンク
YouTubeチャンネル
スポンサーリンク

この記事では、YouTubeチャンネル『カカチャンネル』が投稿するしくじり企業についてご紹介します。

昔、名前を聞かない日がないくらいの有名企業がいつの間にか潰れてなくなってた!なんて経験ありませんか?

私だったりすると、やっぱり思い出すのは山一証券ですね。

社長が会見で「社員は何も悪くないですから!」と号泣してて、ちょっとショッキングだったのを記憶しています。

ただ、実際のところなんで会社がつぶれちゃったんだろ?っていうのは分からないまんま、大人になるまで、ほったらかしてきたものも多かったんですが、最近自宅で一人飲みが増えたとき、久しぶりにこのチャンネルを見て、企業の倒産劇を楽しんでいます。

スポンサーリンク

『しくじり企業シリーズ』はこんな内容

しくじり企業はいわゆる『ゆっくり解説』系で、ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙の2人、あとうぷ主の3人の掛け合いが中心です。

内容的には、霊夢&魔理沙の寸劇で、調子に乗ってる霊夢に

魔理沙が「やめとけ、やめとけ!こんなことして潰れた企業があるぞ!」という形で解説を始めるところから、

実際に一世を風靡して、しくじってつぶれたり、経営者が追い出された企業を紹介するという内容です。

企業はどういう風に生まれ、発展し、盤石な地位を築いたかが前半で語られ、

途中からは、どんな問題がその企業をむしばみ、ついには破綻したのかを紹介していきます。

内容はうぷ主がかなり詳しく調べたのをBGMやセリフ回しなどを工夫して

チョット固めの企業破綻劇なのに、カタルシスを感じるエンターテインメントとして見事にまとめあげています。

堤家二代の栄華からの転落劇が秀逸~西武グループとセゾングループ~

私のお勧めは西武グループ、セゾングループですね。これらを作り上げた先代の堤康次郎の生涯から見ると、余計に面白い。

この堤康次郎って人が、超肉食系のオラオラ経営者で、しかも私生活はエ○ゲ―の主人公並みにあっちこっちで女性に手を出すという、浦山けしからん!な人なんです。

そして、彼の死後、異母弟の堤義明が西武鉄道とコクドを引き継ぎ、世界一の大富豪に…

異母兄の堤清二が西武百貨店(セゾングループ)を継承し、独自のコンセプトで存在感をはっきします。

しかし、両社とも『しくじり企業』に紹介されるということは…

それは見てのお楽しみ…

サラ金も過払い金も、辿ってみればご同輩~武富士とミネルヴァ~

あと、面白いのが一時期サラ金業界のリーディングカンパニーだった武富士と

サラ金での「グレーゾーン金利」から生じる過払い金ビジネスのCMで一世を風靡した東京ミネルヴァ法律事務所の破綻劇。

昔っから「高利でカネ貸して、グレーゾーン金利の手数料抜いて、ってこれってワンセットだよな」と思ってた私ですが、実は仕掛人もワンセットだったという

猛烈な事実につんのめります。

東京ミネルヴァを裏で支配していたのが、元武富士で、昔の顧客を相手にパシリの弁護士に業務をやらせ、あらゆる手段で利益を事務所から吸い上げるという

清々しいまでのゲスっぷりにぶっ飛びますな。

ショートバージョンの『しくじり企業L』もおススメ

また、従来のしくじり企業とは別に、中々情報が集まらなかったり、まだ時間が経ってなくてもネタ的に面白そうな話は『しくじり企業L』でリリースしています。

ここだと、ささやき女将のあの料亭や、

成人式の着物をバックレたあの企業

豚肉に色んなものを混ぜて牛ひき肉を作ってたあの企業など…

Lはlightの略では、という思考を問答無用でぶっ潰す、中々濃ゆい面々が揃っています。

内容はハードだが、面白く見れる

このほか、ダイエーやマイカル、SNKやエンロン、リーマンブラザーズなど、古今東西の破綻劇や経済史(バブルなど)などのコンテンツが揃っています。

うぷ主は最近有料化コンテンツの充実に舵を切っているのですが、

とりあえずバックナンバーのコンテンツを見て気に入ったら、そっちに向かってもいいかなと。

日本経済新聞を読むより面白くて勉強になるので、おすすめです。

カカチャンネル
企業関連を中心としたゆっくり解説動画を上げております。企業の倒産劇や有名企業の歴史など経営関連の情報をなるべくわかりやすくかつ面白くを意識しております。 たまにガジェットの動画もやるかも。

【関連記事】

山田五郎さんのYouTubeチャンネルが面白い…西洋美術に造詣が深い山田五郎さんがYouTubeチャンネルに参戦。これがメチャクチャ面白いので「美術に興味はあるけど、小難しい話はイヤ」って人におススメです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました