カルタゴ

スポンサーリンク
読書メモ

『ある通商国家の興亡』を読んで考えたこと

今、森本哲郎の『ある通商国家の興亡』を読み直しています。30年前にバブルに浮かれた日本への警告の書として生まれたこの本も、今となるとお隣のあの国への警告の書になったのでは、と思う今日この頃です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました