僕の「テキトー読書術」

読書について

この前、中学校の同級生と話した時のこと。

彼に佐藤優の「十五の夏」を貸していたのですが、イマイチ波長が合わなかったみたいです。

「ゴメン!読み切れなかった!!」と謝られました。

別に謝んなくていいじゃん(`・ω・´)。

俺なんか、村上春樹読むと、肌合いが合わなくてジンマシンが出そうだし…

ドストエフスキーは登場人物の名前が長過ぎて10ページで挫折したし…

そんなわけで、読んでない本いっぱいあるし、好みやタイミングもあるからねー!

なんて話をしました。

僕は、話のネタになるんで出来るだけ色んな本を読んで、ココとかFBとかに書いたりしてますから、知らない人からスゴーイ!と言われたりもしますが…

本好きでも、全部最後まで読んでない!

ここだけの話

最後まで目を通すのが、3割くらいで

最後までキッチリ読むのは、その中の1/3ぐらいですね。

読めてない本、ホントたくさんあるんですよね。

でも、こんなもんじゃないかなと。

読書じゃなくて、例えばテレビドラマだったら、案外「このドラマつまんねーな」となったらバッサリやると思うんです。

読めない本って大体

①レベルが合わない

②好みが合わない

③タイミングが合わない

のどれかなんですけど、①は必要なら必要な部分だけ拾い食いすればいいかなぁ。

②はうっちゃっててOK

③も②同様で構わないと思いますよ。

読書は、なんか知らないけどヤケに高尚なものだという思い込み(と言っていいんじゃないかな)があるけど、「つまんねー!」となったらほっといていいと思うんですよね。

「合わなそうな本」を手に取る理由

僕は、それでもギャンブル枠的に、読んだことなくて合わなそうなのも一定数買ってます。ちょっと読んでかなりの確率で部屋の片隅に山積みになるんですけど。

時間が経ってから、意外に面白いのがそこから見つかることもあります。

最近だと「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズで、最初の一冊を買って2、3年ほったらかし。

本の整理のためブックオフで叩き売ろう、まぁその前に読んどくか…と思ったらどハマりして、全7巻と、最近出た外伝を読破しました。

なんで買ったのか思い出せないほど、印象が薄い本だったけど、2、3年寝かせたら面白くなったって一例です。

積ん読しなきゃいかんのか?

言っちゃうと、積ん読なんてしなくていいと思います。したい方はどうぞってレベルです。

積ん読って今は大分しなくていい環境だと思うし。

本を買わずに図書館で借りるのもアリ(借りパク、書き込みはNG)でしょうし。

嫌いな本をムリして読まなくていいんじゃないかな。読み直したら面白かったってこともあるけど、その時なんとなく「読みたいなぁ」と思ったら、その都度買ったり借りたりすればいいと思います。

まぁ、所詮は読書ですし…

ところで本好きが、おススメする時って「その本がおススメした人も好きになって話が盛り上がったらいいなぁ」くらいなものです。

とりあえず読んでみたけど、面白くないから読むのをやめるなんて日常茶飯事なんで、全然失礼じゃないんですよね。

僕も、ホントいっぱいそんな経験してますし。

ドラマや映画みたいに「好き嫌い」をもっと出してもいいとは思うんです。

もっと肩の力を抜いて、大らかに読書を楽しんでいいと思うんですよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとしていただくと励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました