参●党信者がやって来た!~無知との遭遇~

スポンサーリンク
自分はホント、バカでして…
スポンサーリンク

おはようございます。世間ではKDDIの通信回線が機能不全となり、

騒然としていた2022年7月某日…

私は「戦前に小麦粉があったか?」という愚にもつかない(しかも話が終わらない)議論に終始しておりました…

スポンサーリンク

きっかけ…「え、小麦粉は戦後に来た、だってぇ!?」

キッカケとなったのはこの画像でした。

「はい?」と思いましたよ。

>小麦粉とはメリケン粉

>戦前の日本には存在しませんでした

…昔から小麦粉はあったぞ、戦後と言わず、幕末から明治にかけて活躍した渋沢栄一翁にしたって、小麦粉練って麺にして地元の野菜と煮こんだ「煮ぼうと」が大好物だったし…

何より、ここで一言言わないと全国8千万(予断と偏見)のうどんファンおよび、粉モノ愛好者

そして汗水流して小麦の栽培に取り組み、うどんや饅頭を食べて命をつないでくださった

ご先祖様に申し訳が立たないと、にわかに使命感を持ちまして

で、山ほどあるツッコミネタのうち、とりあえず落語の『時うどん』(これは江戸期にルーツがある、れっきとした古典落語)だったんで、

と、投稿した次第であります。

自信満々に持ち出したグラフで、墓穴を掘る

すると、反日か、一日くらい経ってから…

色んな皆様がやって来ました。

基本は、小麦粉は体に悪いをどう解釈するのか、というのが論点なんですが…

そもそも、ここには書いていない新(珍)説ばかりが登場するわけです。

私が引っかかったのは「戦前よりもずー-っと前から小麦粉あるでしょ?」なんで

そんなこと、一言も書いてません。で済ませてました。

そうすると、とある人が、こんな投稿を…

調べもせずに批判ばかり

参政党のアンチのパターンは、いつも一緒で飽きました。

グラフを見れば一目瞭然。(中略)

義務教育出てるならグラフぐらい読めるでしょ?

なるほど、グラフがあるのね(´・ω・`)。

で、グラフを見てみますと…

なんという事でしょう(棒)

確かに戦後急増しているけど、その前から小麦粉輸入されているじゃんか!?

これは、先だっての発言

と矛盾してしまうではないですか?

当然、この発言には各方面に「吉野発言の擁護のためにグラフを持ち出したのに、『戦前の日本にはメリケン粉は存在しない』といった吉野氏の主張を真っ向から崩している」…と大絶賛の嵐が湧いたのであります。

言う事なくなって、レッテル貼りで逃げ回る

さすがに「これはヤバい」と気がついたのか、グラフの件はだんまりになり

せっかく出していただいたグラフに質問しても、梨のつぶて。

ああ、この話もこれで終わりかな…と思いきや、さにあらずで

人の見てないところで、まーた、こんなことを書いてやがりました。

貴方たちは

1.グラフが読めない

2.思い込みが激しい

3.テレビの情報を盲信

4.悔い改めない

5.一人の私を多勢で攻める

6.調べることもできない

7.うちわで傷のなめあい

8.救いようがない

9.参政党票を減らそうとする自民党別動隊

お疲れ様でした

その後は、日本には昔から小麦があったという私の主張、あるいは客観的事実を述べている人のツイートに上のレッテルをひたすら貼って、

コチラの言う事にマトモに応答しなくなりました。

もうこうなると、マトモな意見交換は無理だな…彼にとってはキャパを超えた知識で対応ができなくなるのでは、と気遣って

…というよりも戦前にも小麦はあったし、小麦を使った料理は昔からあるんだけど(´・ω・`)という事には一切答えないで

犬小屋に引っ込んでブルブル震えて「キャン」としか言えない実情を鑑みて

ブロックさせていただくことにしました。

今回の件で気がついたこと

私、穏やかな日常を願い、Twitterでもそんなに波風を立てる方じゃないネトウヨ(他称)なんですが、

おなじ様な人(左側)と比べると、

・勉強しろ!で逃げず、独自説(根拠なし)で後出しジャンケンしてくる

点は、左側と違いますね。

あと、気になったのが4の「悔い改めない」。

戦前から小麦の輸入があったし、昔から小麦が栽培されて、粉モノが人の命をつないできたことは

信仰ではなく、事実ですから…悔い改めようがありません。

最後に、彼の一連の「広報活動」で何が得られたのかをツラツラと考察しますと

彼は参●党が大躍進したら嬉しいみたいですが、私とのやり取りで

「え、参●党ってこんなヤバい人が支持してるの?」と思いっきりドン引きされていた…とだけ申し上げておきます。

そして、最後に一言!

「小麦はそれでも、昔からあったんだぞ!」(ガリレオ・ガリレイ風)

ちゃんちゃん!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
自分はホント、バカでして…
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました