【随時更新】3回目のコロナワクチン打ってきた

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

わたくし、2022年の2月初めに自宅に届いた接種券を使って、

2022年4月2日に3回目のワクチン接種を行いました。今回は忘備録代わりにブログに接種後の体の状態を記録しておこうと思います。

なお、記事は時間経過ごとに随時更新とします。

スポンサーリンク

とりあえず、自分のこれまでの接種記録をさらしておく

1回目が2021年9月4日に、ファイザー製ワクチンを接種。

2回目は同年9月25日に、同じくファイザーを接種しました。

これらの記録は、デジタル庁のアプリをiPhoneにインストールして、接種記録の管理を行っています。

*このアプリはマイナンバーカードとスマホがあるとすぐに接種証明書が作れるので、接種証明の提示を求められてもすぐ対応でき、大変重宝しております。

【関連記事】

デジタル庁の『新型コロナワクチン接種証明書アプリ』は超簡単
これからは、新型コロナウィルスワクチン接種の証明を求められることも増えてくるだろうと予測したのでふと、思い立ってiPhoneアプリの『新型コロナワクチン接種証明書アプリ』をインストールしたら、証明書の発行までなんと5分もかからず出来...

そして、3回目の予約が2月15日に申し込み可能になったので、予約を入れました。

今回はモデルナ製のワクチンを接種します。

実は、前回同様ファイザー製のワクチンでも予約が可能でしたが、

とりあえず前々回、前回と同じ場所で

副反応が起こった場合に会社になるべく迷惑をかけないように、充分な時間を置ける土曜日接種にこだわったら、指定ワクチンがモデルナだったというわけです。

同僚からは「副反応に対応するために準備をしておいた方がいいよ」とアドバイスをいただき、

Twitter仲間からも、ファイザー→モデルナはかなりキツかった…と感想をいただいているので

接種後の経緯はこんな感じ

地元のクリニックに9時半で予約を入れたので、間に合うように向かいました。

1,2回目と同様に、接種券に同封された書類を記入。この時の体温は36.4度

5,6人まとめて奥の部屋に待機し、順次呼び出されてワクチン接種と、15分程度の経過観察。

この段階で、特にアナフィラキシーなどの症状はなし。

2時間後

お昼近くなって、出てきたのは「眠気」このブログ記事を書いていても、頭がもやーっとしています。

接種時に筋肉痛を訴える人も多いようですが、私の場合はとにかく「眠い」。お布団引いて眠ることにします。

眠る力は幸福力だー!と水木しげる先生も申しておられましたし(笑)

 

5時間後

3時間ほど眠って目が覚めた。

注射した腕に、少し筋肉痛に似た痛みが出ている。体温は35.7度。

腹減った。飯をくっておこ

14時間後

早めに床について、肌寒さを感じて午前零時に目が覚めた

筋肉痛が少し強くなった。悪寒もするので体温を測ると37.3度。

自宅にあったアセトアミノフェンを服用。

とりあえず、寝る。

21時間後

朝が来たんで起きると、フラフラする。

筋肉痛も相変わらず地味~に続いてるけど、そんなに気にするほどでもない。

体温を計測すると、37.5度なんで、朝ごはんのTKGを食べて、アセトアミノフェンを服用しました。

寝るのが疲れてきた。

29時間後

筋肉痛は肩を上げた時に感じるくらい。

微熱が続くよ、どこまでも…75.3度。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事が面白かったら下のボタンやはてなブックマークをポチっとして応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いたのはこんな人です
とーちゃん

活字中毒歴30年超。どんなことでも面白いと思ったらやっちゃう性格でそれが今の仕事でも結構活きています。
年間50冊くらいの読書に加え今ハマっていることは中学校英語のやり直しとブログ執筆。
「頭は生きている間は進歩するだろう」と常に勉強を続けています。学習支援のボランティアに従事してたこともあります。姪っ子命の伯父バカ。

とーちゃんをフォローする
雑談
スポンサーリンク
とーちゃんをフォローする
読んで学んで、考えて〜フェイクの大海を泳ぎきるために

コメント

タイトルとURLをコピーしました